芸研プロダクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
藝研から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
藝研株式会社
種類 株式会社
市場情報 消滅
略称 芸研プロダクション、芸研プロ、芸研
設立 1949年
事業内容 映画の製作・配給
代表者 熊谷久虎 第1期
中田博二 第2期
関係する人物 星野和平
倉田文人
佐分利信
原節子
会田吉男
猪俣勝人
岩井金男
森永健次郎
テンプレートを表示

芸研プロダクション(げいけんプロダクション)は、かつて存在した日本の映画製作会社である。時期により、第1期と第2期に大別される[1]。「芸研」とは映画芸術研究所(えいがげいじゅつけんきゅうじょ)の略であり、製作会社として後者で表記されることもあるが、通常は「芸研プロダクション」と表記される[2]。登記上の正式名称は藝研株式会社(げいけん-)である。

略歴・概要[編集]

1949年(昭和24年)に設立、熊谷久虎を代表に、俳優ブローカーの星野和平、映画監督の倉田文人森永健次郎、俳優の佐分利信らが取締役に就任した[2][3]。設立第1作は、倉田が監督、河津清三郎が主演した『殿様ホテル』で、前年10年に東宝争議が終結し、製作を再開した東宝撮影所(現在の東宝スタジオ)を使用して製作、芸研プロダクションが東宝と共同で配給した[3][4]。本作で、原節子の兄会田吉男が単独で撮影技師に抜擢されている[3][5]。その正式な「設立第1作」に先行し、ニュース映画的な短篇ドキュメンタリー映画スター家庭訪問記』を製作、同年1月10日に東京映画配給(現在の東映)が配給して公開している[6]

1950年(昭和25年)には、太泉映画(現在の東映、および東映東京撮影所)との提携製作を行い、佐分利信を『女性対男性』で映画監督としてデビューさせる[2][7]。同年、星野がマネジメントしていた原節子を主演に、太泉映画と提携して『アルプス物語 野性』を製作、いずれも東京映画配給が配給した[8]

翌1951年(昭和26年)3月末に太泉映画が合併して東京映画配給が東映になったのを機に、いちど芸研は閉じられ、星野は東京プロダクションを設立している[2]。1952年(昭和27年)には、星野は東京プロダクションも解散し、1954年(昭和29年)に日活の契約プロデューサー、1955年(昭和30年)には、新東宝に入社、取締役撮影所長に就任している[2]。同年、芸研プロダクションの第2期とされる時期が始まり、熊谷久虎が製作、倉田文人が監督した『ノンちゃん雲に乗る』を製作、星野がいる新東宝が配給して、同年6月7日に公開されている[1]

1957年(昭和32年)の資料によれば、同年の芸研の代表は、『ノンちゃん雲に乗る』『柿の木のある家』『検事とその妹』に「製作」あるいは「企画」としてクレジットされている中田博二である[9]。1961年(昭和36年)の『官報』によれば、中田は同年3月7日に破産宣告を受けており、これをもって芸研は活動を終えたと見られる[10]

フィルモグラフィ[編集]

ノンちゃん雲にのる』(監督倉田文人、1955年)。
第1期
第2期

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 熊谷久虎アテネフランセ文化センター、2012年4月20日閲覧。
  2. ^ a b c d e 講演「佐分利信を再見する 第3回アナクロニズムの会」木全公彦、2009年10月10日、アテネフランセ文化センター、2012年4月20日閲覧。
  3. ^ a b c 殿様ホテルキネマ旬報映画データベース、2012年4月20日閲覧。
  4. ^ 殿様ホテル日本映画データベース、2012年4月20日閲覧。
  5. ^ 会田吉男、キネマ旬報映画データベース、2012年4月20日閲覧。
  6. ^ スター家庭訪問記日本映画製作者連盟、2012年4月20日閲覧。
  7. ^ 女性対男性、キネマ旬報映画データベース、2012年4月20日閲覧。
  8. ^ 野性、キネマ旬報映画データベース、2012年4月20日閲覧。
  9. ^ 『映画年鑑 1957』、p.750.
  10. ^ 官報』、大蔵省、1961年、p.414.
  11. ^ 青空天使、日本映画製作者連盟、2012年4月20日閲覧。
  12. ^ 青空天使東京国立近代美術館フィルムセンター、2012年4月23日閲覧。
  13. ^ 狼人街、日本映画製作者連盟、2012年4月20日閲覧。
  14. ^ ノンちゃん雲に乘る、東京国立近代美術館フィルムセンター、2012年4月23日閲覧。
  15. ^ 第二次世界大戦の悲劇、日本映画情報システム、文化庁、2012年4月23日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]