会田吉男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あいだ よしお
會田 吉男
本名 會田 吉男
別名義 会田 吉男
生年月日 1910年
没年月日 1953年7月11日
出生地 日本の旗 日本 神奈川県
死没地 日本の旗 日本 静岡県駿東郡御殿場町(現在の御殿場市
職業 撮影技師
ジャンル 映画
活動期間 1947年 - 1953年
著名な家族 熊谷久虎 義兄
番匠義彰 義兄
原節子 実妹
木下亮
テンプレートを表示

會田 吉男(あいだ よしお、1910年 - 1953年7月11日)は、日本の撮影技師である[1]原節子の実の兄としても知られる[1][2]。新字体表記は会田 吉男

人物・来歴[編集]

1910年(明治43年)、会田藤之助・ナミ夫妻の次男として、神奈川県に生まれる[1]。姉の光代(次女)は日活大将軍撮影所での女優を経て、映画監督の熊谷久虎の妻になり、姉の喜代子(三女)は銀行員と結婚して生まれた子がのちに映画監督の木下亮となり、妹の律子(四女)は映画監督の番匠義彰の妻となったがのちに離婚、末妹の昌江(五女)は、のちに女優・原節子となる[1][2]

1941年(昭和16年)、母ナミ、死去[1]

1947年(昭和22年)、東宝が製作した映画『春の饗宴』の撮影技師として、瀬川順一と共同でクレジットされ[3]、1949年(昭和24年)、義兄の熊谷久虎が代表を務める製作会社芸研プロダクションの設立第1作『殿様ホテル』で、劇場用長篇劇映画の撮影技師として一本立ちする[4]

1953年(昭和28年)7月10日の19時ころ、義兄の熊谷久虎が監督、実妹の原節子が主演する映画『白魚』の撮影技師として、静岡県駿東郡御殿場町(現在の御殿場市)の御殿場駅構内でのロケーション撮影におけるセッティング中、撮影助手とともに列車に轢かれ、同町内の北駿病院に運ばれたが、翌11日13時15分に死去した[2]。満43歳没。会田の遺作となった同作は完成し、同年8月5日に公開された。父藤之助が死去したのは、3年後の1956年(昭和31年)であった[1]

フィルモグラフィ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 貴田、p.13-15.
  2. ^ a b c 鈴木英夫〈その3〉逢沢譲木全公彦マーメイドフィルム、2012年4月24日閲覧。
  3. ^ 春の饗宴日本映画データベース、2012年4月24日閲覧。
  4. ^ 殿様ホテルキネマ旬報映画データベース、2012年4月24日閲覧。
  5. ^ シミキンの無敵競輪王東京国立近代美術館フィルムセンター、2012年4月24日閲覧。
  6. ^ 若い娘たち、東京国立近代美術館フィルムセンター、2012年4月24日閲覧。
  7. ^ 風ふたゝび、東京国立近代美術館フィルムセンター、2012年4月24日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]