薬剤誘発性ループス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

薬剤誘発性ループス(やくざいゆうはつせいるーぷす、英語: Drug-induced lupus erythematosus; 略称: DIL, DILE)とは、薬剤が原因で全身性エリテマトーデス(SLE)に類似した紅斑性狼瘡Lupus Erythematosus, LE)を呈する疾患のこと[1]薬剤誘発性エリテマトーデスとも言う。

概要[編集]

原因
誘発する薬剤は多数報告があるが降圧剤ヒドララジン抗不整脈薬プロカインアミドなどが主たる原因とされる[1]。ヒドララジンを高用量で長期使用した患者の約5%がDIL様症状を呈する。それ以外の薬剤はDIL誘発リスクが低い。
コクラン・レビューは、ざ瘡(にきび)の治療で長期使用されるミノサイクリンにより「10万処方あたり約53症例」の割合でLE様症状が誘発されると報告した[2]。使用期間との関連性も示された[3]。ミノサイクリン誘発性ループスは、長期使用後の中断によって誘発される[4]。他のテトラサイクリン系は「8.8症例/10万人/年」の割合でLEが認められる[2]
症状
症状としては関節炎漿膜炎皮疹などのSLE様症状を呈するが、ループス腎炎CNSループスは起こさない[1]。SLEと異なり男女均等に発症し、抗ds-DNA抗体が見られることは稀である。
治療
治療としては疑わしい薬剤の使用を中止する。通常は数日から数週間で回復する[要出典]
ミノサイクリン誘発性ループスの症例では、中断から約4ヶ月後に血液検査所見が陰性化した[4]
非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)は、治癒過程を早めることができる。

誘発薬剤[編集]

高リスク[編集]

中〜低リスク[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

関連項目[編集]