薬剤誘発性ループス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

薬剤誘発性ループス(やくざいゆうはつせいるーぷす、英語: Drug-induced lupus erythematosus; 略称: DIL, DILE)とは、薬剤の副作用より全身性エリテマトーデス(SLE)に類似した紅斑性狼瘡Lupus Erythematosus, LE)を呈する疾患のこと[1]。SLE症例の10%以上が薬剤誘発性であると推定されている[2]。薬剤誘発性エリテマトーデスとも呼ばれることがある[3]

原因[編集]

誘発する薬剤は多数報告があるが降圧剤ヒドララジン抗不整脈薬プロカインアミドなどが主たる原因とされる[1]。また、抗生物質イソニアジドミノサイクリンも頻繁に全身性DILEを発症させる[4]。ヒドララジンを高用量で長期使用した患者の約5%がDIL様症状を呈する。

コクラン・レビューは、ざ瘡(にきび)の治療で長期使用されるミノサイクリンにより「10万処方あたり約53症例」の割合でSLE様症状が誘発されると報告した[5]。使用期間との関連性も示された[6]。ミノサイクリン誘発性ループスは、長期使用後の中断によって誘発される[7]。他のテトラサイクリン系は「8.8症例/10万人/年」の割合でLEが認められる[5]

症状[編集]

中毒性表皮壊死症ほどの激しい皮膚症状は現れず、関節炎漿膜炎皮疹などのSLE様症状を呈するが、腎障害や中枢神経症状は起こさない[1]。SLEと異なり男女均等に発症し、抗ds-DNA抗体が見られることは稀である。

治療[編集]

治療としては疑わしい薬剤の使用を中止する。通常は数日から数週間で回復する[要出典]。ミノサイクリン誘発性ループスの症例では、中断から約4ヶ月後に血液検査所見が陰性化した[7]

非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)は、治癒過程を早めることができる。

誘発薬剤[編集]

高リスク[編集]

中〜低リスク[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 病気がみえるVol.6 メディックメディア社発行 ISBN 978-4-89632-309-2
  2. ^ “Anti-TNF-α and hydralazine drug-induced lupus”. An Bras Dermatol 90 (3 Suppl 1): 125–9. (2015年). doi:10.1590/abd1806-4841.20153893. PMC 4540528. PMID 26312694. http://www.scielo.br/scielo.php?script=sci_arttext&pid=S0365-05962015000700125. 
  3. ^ 赤城邦彦、「薬剤誘発性エリテマトーデス」小児内科 23(4), 563-567, 1991, NAID 10005473253
  4. ^ Marzano AV, et al. (2009年10月). “Drug-induced lupus: an update on its dermatologic aspects.”. en:Lupus (journal). 18 (11): 935-40. doi:10.1177/0961203309106176. PMID 19762393. 
  5. ^ a b Garner SE, et al. (2012年8月15日). “Minocycline for acne vulgaris: efficacy and safety.”. en:The Cochrane database of systematic reviews. (8): CD002086. doi:10.1002/14651858.cd002086.pub2. PMID 22895927. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/14651858.cd002086.pub2/full. 
  6. ^ “Time to say goodbye to minocycline?”. en:Drug and Therapeutics Bulletin. (DTB) 51 (5): 49. (2013年5月1日). doi:10.1136/dtb.2013.5.0176. PMID 23635606. http://www.bmj.com/content/347/bmj.f4536.long. 
  7. ^ a b 花井俊一朗, ほか (2015年9月). “尋常性ざ瘡に対する長期ミノサイクリン内服により発症した薬剤誘発性ループスの1例”. アレルギー. 64 (9): 1269-73. doi:10.15036/arerugi.64.1269. PMID 26657914. https://doi.org/10.15036/arerugi.64.1269. 
  8. ^ 白山純実 ほか、「円形脱毛斑が先行した塩酸ミノサイクリンによる薬剤誘発性ループスの1例」 臨床皮膚科 65巻 13号, 2011/12/1, doi:10.11477/mf.1412103114

関連項目[編集]

外部リンク[編集]