蒜山インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
蒜山インターチェンジ
所属路線 E73 米子自動車道
IC番号 3
料金所番号 01-363
本線標識の表記 蒜山
起点からの距離 33.5 km(落合JCT起点)
蒜山高原SA (1.0 km)
(15.4 km) 江府IC
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0482.svg国道482号
供用開始日 1992年12月18日
通行台数 x台/日
所在地 717-0604
岡山県真庭市蒜山西茅部2151-2
北緯35度16分23.2秒 東経133度37分12.3秒 / 北緯35.273111度 東経133.620083度 / 35.273111; 133.620083座標: 北緯35度16分23.2秒 東経133度37分12.3秒 / 北緯35.273111度 東経133.620083度 / 35.273111; 133.620083
テンプレートを表示

蒜山インターチェンジ(ひるぜんインターチェンジ)は、岡山県真庭市蒜山西茅部米子自動車道インターチェンジである。

ここから、落合方面は片側2車線に、米子方面は暫定2車線となる。

道路[編集]

接続する道路[編集]

周辺[編集]

備考[編集]

計画当初の仮称は当時の村名の川上村を冠した川上インターチェンジだった[1]。米子道で唯一、仮称が正式名称にならなかったインターチェンジとなった。

[編集]

E73 米子自動車道
(2) 湯原IC/BS  - 二川BS - 蒜山高原SA - (3) 蒜山IC - (4) 江府IC/BS

脚注[編集]

  1. ^ 道路施設協会発行の「ハイウェイルートガイド」1989年3月版より。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]