華県地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
華県地震
陝西省
その他の被害を受けた地域
[[ファイル:
華県地震の位置(中華人民共和国内)
華県地震
|alt=|250px]]
震源の位置(USGS)
本震
発生日 1556年1月23日(旧暦嘉靖34年12月12日
発生時刻
震央 大明帝国 陝西省 華山付近(地図)
震源の深さ ? km
規模    モーメントマグニチュード(Mw)推定8.0
津波 なし
地震の種類 直下型地震
余震
回数 1年以上続いた
最大余震 不明
被害
死傷者数 死者830,000人
被害総額 不明
被害地域 大明帝国 陝西省甘粛省山西省河北省山東省河南省湖北省湖南省安徽省江蘇省
プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害
テンプレートを表示

華県地震(かけんじしん)は、1556年1月23日に、明(中国)を襲った巨大地震である。明嘉靖関中大地震(みんかせいかんちゅうだいじしん)・陝西地震(せんせいじしん)などともいう。

概要[編集]

1556年1月23日(旧暦嘉靖34年12月12日)の朝、の北部にある陝西省(現在の中華人民共和国陝西省)で巨大地震が発生した[1]。近年の調査によると震源は陝西省の華山(華県)付近で、規模はマグニチュード8.0と推定されている[1]。特に被害が顕著だったのが、震源に近い陝西省とその東に隣接する山西省であった[1][2]

地震による被害[編集]

明実録」という書物によると、この地震による死者は朝廷に報告されたものだけで83万人に達し、陝西省および山西省での人口は、合計で60%ほど減少したとみられ[1]、実際にはそれをさらに上回る死者数を出したとされることから、人類史上最悪の震災を引き起こした[3][4]

震源付近の地域が破壊する状況は、この種の記録にしては非常に詳しく、そして生々しく記録されていて、揺れそのものは数秒間の短い時間で終了した一方で、山々は崩壊して川の流れも変わり、それにより大規模洪水が発生したほか、火災が発生して何日にも渡り燃え続けた[1]

この地域は当時も今も窰洞(ヤオトン)と呼ばれる横穴式住居が多く、それらが地震に伴う液状化現象で一斉に崩壊して被害を大きくしたと考えられている[5]。震源から840kmもの広範囲にわたって破壊された。

なお、犠牲者の多くは倒壊した家屋の下敷きとなって命を落としたため、この地震以降、それまでの石造りの家から、より柔軟で地震にも強い、木や竹等を使用した家が建てられるようにもなった[1]

この地震は、ウェイ河流域の境界線を形成している3つの大きな活断層と関係していると言われている[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g ブリタニカ百科事典『華県地震』より
  2. ^ 小項目事典,世界大百科事典内言及, ブリタニカ国際大百科事典. “華県地震(かけんじしん)とは” (日本語). コトバンク. 2019年10月17日閲覧。
  3. ^ 被害地震”. www5d.biglobe.ne.jp. 2019年10月17日閲覧。
  4. ^ 北京と地震”. www.asahi.com. 朝日新聞社. 2019年10月17日閲覧。
  5. ^ 中国の地震~華県大地震では世界最悪83万人死亡 (2008年5月15日)” (日本語). エキサイトニュース. 2019年10月17日閲覧。