海原地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
海原地震
地震の震央の位置を示した地図
本震
発生日 1920年12月16日
発生時刻 19時5分
震央 中華民国の旗 中華民国甘粛省海原県
規模    M8.6
最大震度    改正メルカリ震度階級XII
津波 なし
地すべり あり
被害
死傷者数 死者数:20万〜24万人
合計死傷者数:50万人以上
被害地域 中華民国の旗 中華民国甘粛省海原県
プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害
テンプレートを表示

海原地震(かいげんじしん)は、1920年12月16日に、中国寧夏回族自治区海原県で発生したM(マグニチュード)8.6の巨大地震である[1]海原大地震もしくは1920年甘粛地震とも呼ばれる[2]

概要[編集]

1920年12月16日19時5分(現地時刻)頃、中華民国(現:中華人民共和国)甘粛省の海原県を震源とする地震が発生した。中国大陸部のほぼ全域で揺れが観測されたこの地震の規模は、M7.8〜8.6程度であったと推定されている[1][2]。この規模は、内陸で発生した地震としては世界でも最大規模に相当する。余震は、本震発生からおよそ3年間も続いたという[2]

被害[編集]

地震の発生地点である寧夏回族自治区は、活断層が南北に走っており、この地震によって大規模な地すべりが発生した。地震による死者数は20万〜24万人程度に達し、合計死傷者数は50万人以上となった。

死者・行方不明者が多い地震(世界)
順位 名称 発生日 死者・行方不明者数 (人) 規模 (M)
1 華県地震 1556年1月23日 約 830,000 8.0
2 ハイチ地震 (2010年) 2010年1月12日 約 320,000 7.0
3 唐山地震 1976年7月28日 約 ≧ 240,000 7.8
4 海原地震 1920年12月16日 約 200,000 - 240,000 8.6
5 スマトラ島沖地震 (2004年) 2004年12月26日 約 230,000 9.1
6 メッシーナ地震 1908年12月28日 82,000 - 120,000 7.1
7 アシガバート地震 1948年10月6日 約 110,000 7.3
8 関東地震関東大震災 1923年9月1日 105,385 7.9
9 四川大地震 2008年5月12日 約 87,000
10 パキスタン地震 (2005年) 2005年10月8日 約 73,000 7.6


脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 世界大百科事典内言及. “海原地震(かいげんじしん)とは” (日本語). コトバンク. 2020年4月3日閲覧。
  2. ^ a b c 甚大なる被害をもたらした世界25の地震 (2015年5月6日) - エキサイトニュース(3/8)” (日本語). エキサイトニュース. 2020年4月3日閲覧。

外部リンク[編集]