華コウ芳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

華 蘅芳(か こうほう、Hua Hengfang、1833年 - 1902年)。華衡芳とも書く。字は若汀末の数学者

江蘇省金匱(現在の無錫市)出身。幼時より数学を好み、14歳で程大位の『算法統宗』を読破した。1861年江蘇巡撫薛煥の紹介で、徐寿とともに曽国藩の幕府に入った。官は直隷州の知府となり、さらに数学の研鑚を積んだ。1862年、徐寿とともに中国初の蒸気機関を製作し、曽国藩から高く評価された。1865年には中国初の蒸気船「黄鵠号」を完成させた。1873年にはジョン・フライヤーとともに『代数学』『微積溯源』を翻訳した。1889年には天津武備学堂熱気球を試作した。