菅野宏一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

菅野 宏一郎(かんの こういちろう、1971年6月12日 - )は、日本のクラシック音楽指揮者である。東京都中野区出身、ルーマニアブラショフ市・オーストリア・ウィーン在住。東京室内管弦楽団指揮者。

略歴[編集]

  • 5歳よりピアノを始める。
  • 東京都立西高等学校出身。高校時代アメリカンフットボールの選手として東京都大会にて優勝している。
  • 桐朋学園大学音楽学部へ進学。指揮を岡部守弘大友直人大野和士、トロンボーンを三輪純生、ピアノを諸隈まり、チェンバロを鍋島元子の各氏に師事。
  • 1995年、大学卒業後単身ルーマニアへ渡り、国立ブラショフ・フィルハーモニー交響楽団においてトロンボーン奏者として活動を務める傍ら、コレペティトールも務めた。
  • 1997年、ブラショフ歌劇場の指揮者に就任[1]
  • 1999年、ブラショフ歌劇場の演奏旅行にてヨーロッパ・デビューを果たす。セヴィリアの理髪師(G.ロッシーニ)、秘密の結婚(D.チマローザ)を指揮し、翌2000年にはフィガロの結婚ドン・ジョバンニ(W.A.モーツァルト)をドイツ、オーストリア、スイスにて指揮、好評を得る。
  • 2000年、トランシルバニア大学音楽学部準教授へ就任。
  • 2002年、トランシルバニア交響楽団・日本公演にて指揮。
  • 2003年、ウィーン国立芸術大学指揮科にてレオポルド・ハーガー、エルヴィン・アッツェル、マーク・シュトリンガー、湯浅勇治に師事。
  • 2006年、ドイツ、モンシャウにおける“オープンエアー・クラシック”にてリゴレット、ナブッコ、アイーダ(G.ヴェルディ)、鳥売り(C.ツェーラー)、魔笛(W.A.モーツァルト)を、また同年、オーストリア、ブルグアレーナ・フィンケンシュタイン音楽祭にてナブッコを指揮。
  • 2007年、ボトシャニ・フィルハーモニー管弦楽団のドイツ公演を指揮。
  • 2007年6月8日、第2回バルトーク国際オペラ指揮者コンクールに出場。橘直貴ポール・マウフレイ (en) に次ぐ第3位に入賞[2]
  • 2009年、東京室内管弦楽団の指揮者に就任[3]

脚注[編集]

  1. ^ 中日新聞』2007年1月19日 朝刊3面
  2. ^ 産経新聞』2007年6月10日 東京朝刊27面
  3. ^ http://tco.or.jp/about/history/