東京室内管弦楽団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

一般社団法人東京室内管弦楽団(とうきょうしつないかんげんがくだん、英語:TOKYO Chamber Orchestra)は、東京都港区に本拠地を置く日本のプロオーケストラの一つ。略称は東室(とうしつ)。主な活動拠点は、東京文化会館小ホール、紀尾井ホール

沿革[編集]

  • 1928年、自主運営オーケストラとして東京室内管弦楽団の名称をはじめ、様々な名称で活動が開始される。
  • 1954年、岩窪ささをが音楽監督・指揮者・主宰者となる。クラシックの管弦楽曲のほか、独自の編曲による映画音楽タンゴ・ポップス等を採り上げた「ポップスコンサート」(※当時は「ムード音楽・ムードコンサート」)を始める。
  • 1964年、オーケストラ鑑賞教室の事業を展開。
  • 1968年、日本・琉球・アメリカ親善文化使節として、民間のオーケストラとしては戦後初の琉球・アメリカ公演を行う。
  • 1975年、日本・フィリピン親善公演を行う。
  • 1981年、日米交歓チャリティー「青少年のための音楽会」ヤング・アメリカンズと協演。同年、世界野生生物基金(現:世界自然保護基金)チャリティー出演。
  • 1980年代後半、すぎやまこういち氏と「ドラクエ・コンサート」シリーズを手がけ、ゲーム音楽のオーケストラでの実演の先駆的取り組みとなる。[1]
  • 1992年、「東京室内管弦楽団100ストリングス〜大編成POPSの魅力〜」が江藤俊哉の指揮で始動。
  • 2000年、法人化。
  • 2009年、アドヴァイザーに橘直貴、小澤洋介、指揮者に菅野宏一郎を加え、新たな一歩を踏み出す。
  • 2014年、ゲーム音楽に特化したプロフェッショナルなコンサートシリーズ「GAME SYMPHONY JAPAN」[2](指揮・プロデュース志村健一)のレジデントオーケストラになる。

[3][4][5]

指揮者[編集]

アドヴァイザー/プリンシパルコンダクター[編集]

  • 橘直貴

コンダクター[編集]

永久名誉指揮者[編集]

主要な演奏家[編集]

コンサートマスター[編集]

  • 物集女純子
  • 小笠原伸子
  • 須山暢大

演奏会[編集]

自主公演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「Game Symphony Japan」2nd Concert 公式パンフレットp42
  2. ^ http://gamesymphony.jp/#about-us
  3. ^ 沿革”. 東京室内管弦楽団. 2015年7月30日閲覧。
  4. ^ コトバンク”. YAHOO!JAPAN. 2015年9月11日閲覧。
  5. ^ オーケストラ”. 東京音楽鑑賞協会. 2016年2月26日閲覧。

外部リンク[編集]