荒木田久老

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

荒木田 久老(あらきだ ひさおゆ、延享3年11月21日1747年1月1日) - 文化元年8月14日1804年9月17日))は、江戸時代中期から後期にかけての伊勢神宮祠官国学者[1]初名は正恭、後に正薫と名乗った。通称は弥三郎、主税(ちから)、斎(いつき)など。号を五十槻と称し、家号を五十槻園(いつきのその)と称した。

実父は外宮権禰宜橋村正身(はしむらまさのぶ)。最初は宇治秀世養子となったが、安永2年(1773年)に荒木田久世婿養子となり、内宮権禰宜となった。

明和2年(1765年江戸賀茂真淵に師事し、国学和歌などを学び、特に『万葉集』を研究した。『万葉考槻之落葉』『祝詞考追考』『日本紀歌之解』『続日本紀歌之解』『竹取翁歌解』などの研究書を著している。なお、晩年は伊勢国の県門として本居宣長の学派と対立した。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『江戸時代人物控1000』、山本博文監修 小学館2007年、18-19頁。ISBN 978-4-09-626607-6