荒川泰彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

荒川 泰彦(あらかわ やすひこ、1952年11月26日 - )は、日本工学者。専門は量子ナノデバイス工学。愛知県名古屋市千種区出身[1]

東京大学ナノ量子情報エレクトロニクス研究機構長、東京大学生産技術研究所教授、光電子融合研究センター長。

略歴[編集]

  • 1971年 - 愛知県立旭丘高等学校卒業
  • 1975年 - 東京大学工学部電子工学科卒業
  • 1977年 - 東京大学大学院工学研究科修士課程電気工学専攻修了
  • 1980年 - 東京大学大学院工学研究科博士課程電気工学専攻修了(工学博士)
  • 1980年 - 東京大学生産技術研究所講師
  • 1981年 - 東京大学生産技術研究所助教授
  • 1984年 - カリフォルニア工科大学客員研究員(1986年まで)
  • 1988年 - 東京大学先端科学技術研究センター助教授
  • 1993年 - 東京大学生産技術研究所教授
  • 1997年 - 東京大学国際産学共同研究センター教授 
  • 1999年 - 東京大学先端科学技術研究センター教授 
  • 2002年 - 東京大学生産技術研究所ナノエレクトロニクス連携研究センター長
  • 2006年 - 東京大学ナノ量子情報エレクトロニクス研究機構長
  • 2009年 - ミュンヘン工科大学客員教授(2011年まで)
  • 2012年 - 東京大学生産技術研究所教授、光電子融合研究センター長
  • 2017年 - 全米技術アカデミー会員

業績[編集]

東京大学の榊裕之名誉教授と共にそれまでの量子薄膜構造を更に高度化し、半導体中の電子を3次元的に閉じこめる量子ドットの概念を提示し、またその応用として量子ドットレーザを提案した。[2]

受賞・叙勲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]