荒崎村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あらさきむら
荒崎村
廃止日 1954年10月1日
廃止理由 分割合併・編入
現在の自治体 大垣市垂井町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
不破郡
市町村コード なし(導入前に廃止)
隣接自治体 大垣市不破郡垂井町赤坂町合原村表佐村
荒崎村役場
所在地 岐阜県不破郡荒崎村
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

荒崎村(あらさきむら)は、かつて岐阜県不破郡に存在したである。

現在の大垣市の西部、及び垂井町東部に該当し、大谷川揖斐川支流)西岸の地域である。

村名は、かつてこの地域に存在した荘園の名、荒崎荘に由来する。

美濃路や旧国道21号(通称・岐垣国道。現岐阜県道31号岐阜垂井線)が通過する交通の要所である。

かつて大垣藩大垣城城下町を水害から守るために、大谷川の右岸のこの地域に堤防を造ること禁止していたという。戦後になり堤防が築かれたが、対岸の輪中堤より1m低いものであり、さらに洗堰も設置された。現在もこの地域は遊水池状態であり、集中豪雨による水害で問題になっている。

沿革[編集]

学校[編集]

その他[編集]

  • 荒崎村のうち、旧綾戸村は垂井町との結びつきが強かったこと、大日本紡績垂井工場の敷地の一部があることがあり、住民の要望で垂井町との合併となったという。

関連項目[編集]