荒地 (詩)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

荒地』(あれち、Waste Land)は、T・S・エリオットの代表作である長編詩。

1922年『クライテリオン』創刊号に発表された。全5部からなり、「死者の埋葬」「チェスのゲーム」「火の祈り」「水のほとりの死」「雷の言ったこと」と題され、第一次世界大戦後の西洋の混乱を前衛的な表現で、古典文学からの引用をちりばめて綴った難解なものである。

「荒地」は死の国のことで、「四月は残酷な月」という一節がきわめて有名である。さらにセックスの荒廃と、その創造性とを描き、死と荒廃の支配と希望を描きつつ、いずれとも結論は示されない。ジェームズ・フレイザー金枝篇』などに学んだ古代文化の死と復活の主題が織り込まれている。[1]

日本でも大きな影響を与え、特に戦後の鮎川信夫らの詩誌『荒地』はこれをそのまま題としている。1938年に上田保が初めて日本語訳し、戦後は西脇順三郎の訳が広く読まれた。

日本語訳[編集]

  • 上田保訳『エリオット詩集』(1938年)
  • 西脇順三郎訳 (創元社 1952年)、のち『西脇順三郎コレクション 3 翻訳詩集』(慶応義塾大学出版会)
  • 吉田健一訳『現代世界文学全集 第26』(新潮社 1954年)、のち『エリオット選集』(彌生書房)
  • 深瀬基寛訳『エリオット全集 1』(中央公論社 1960年)
  • 岩崎宗治訳 (岩波文庫 2010年)

[編集]

  1. ^ 斎藤勇編『英米文学辞典』研究社