上田保 (英文学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

上田 保(うえだ たもつ、1906年(明治39年)1月19日 - 1973年(昭和48年)4月11日)は、日本の英文学者山口県吉敷郡大道村(現・山口市)に生まれる。兄は詩人上田敏雄。1929年慶應義塾大学文学部英文科卒。34年第一書房に入社し『セルパン』で西洋文化の紹介を担当する。1941年慶大予科教員。1949年慶大経済学部教授、1960年海野厚志との共訳によるD・H・ロレンス詩集『どうだ ぼくらは生きぬいてきた!』で日本翻訳出版文化賞受賞。72年慶大を定年退職名誉教授。妻は林芙美子の友人だった詩人の友谷静枝。

翻訳[編集]

  • 『概説世界文学』創元社、1950
  • 『現代ヨーロッパ文学の系譜』宝文館、1957
  • 『ヨーロッパ文学入門』慶応通信、1962
  • 『上田保著作集』慶応通信、1975
  • 象徴主義の文学と現代』慶応通信、1977

翻訳[編集]

参考[編集]

  • 『上田保著作集』附載年譜