深瀬基寛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

深瀬 基寛(ふかせ もとひろ、1895年10月12日 - 1966年8月21日)は、日本の英文学者、京都大学名誉教授。

高知県吾川郡春野町生まれ。1916年第三高等学校卒、19年東京帝国大学卒。20年京都帝国大学大学院入学、中学校教諭ののち、22年松江高等学校教授、25年三高講師、27年教授、49年京大教養部教授、58年10月定年退官、名誉教授、南山大学教授。66年大手前女子大学教授。没後従三位贈位勲三等瑞宝章受勲。

マシュー・アーノルドT・S・エリオットの紹介、研究に努めた。1955年、『エリオット』で第6回読売文学賞受賞。若いころ湯浅芳子に恋していたことが瀬戸内寂聴『孤高の人』に書いてある。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『ティ・エス・エリオット』研究社 1937
  • 『現代英文学の課題』弘文堂 1939
  • 『エリオットの芸術論 方法から体系へ』比叡書房 1949
  • 『人はみな草のごとく 評論集』養徳社 1950
  • 『現代の英文学』弘文堂 1951
  • 『エリオットの詩学』創元文庫 1952 のち角川文庫 
  • 『エリオット 鑑賞世界名詩選』筑摩書房、1954 のち筑摩叢書
  • 『批評の建設のために』南雲堂 1956
  • 『日本の沙漠のなかに』筑摩書房 1957 講談社文芸文庫 2013
  • 『童心集』中外書房 1958
  • 『現代の詩心』筑摩書房 1958
  • 『乳のみ人形 随筆集』筑摩書房 1960
  • 深瀬基寛集』全2巻 筑摩書房 1968 唐木順三編、1巻は英文学、2巻は随想集

共編[編集]

  • エリオット研究 英宝社 1955
  • 英国の詩論 山口書店 1956
  • 唐木順三往復書簡、筑摩書房 1983

訳著[編集]

  • 政治の彼方に クリストフア・ドウソン 筑摩書房 1941 のち現代教養文庫 
  • 宗教と近代国家 クリストフアー・ドウソン 弘文堂 1946、清水弘文堂書房、1969
  • 英国の国家構造 ウォルター・バジョット 弘文堂書房 1947、清水弘文堂書房、1967
  • 来るべき自由社会 第1部 ジョン・ミドルトン・マリ 世界文学社 1949
  • 文化とはなにか T・S・エリオット 弘文堂 1951、のち新版
  • ものの考え方 合理性への逸脱 ウォーコップ 弘文堂 1951、講談社学術文庫 1984 
  • 試煉に立つ文明 アーノルド・J・トインビー 社会思想研究会出版部 1952 のち現代教養文庫 
  • 芸術の運命 ウェイドレー 創文社フォルミカ選書 1953
  • 自由社会 第1・2部 ジョン・ミドルトン・マリ 社会思想研究会出版部・現代教養文庫 1952-53
  • 詩をよむ若き人々のために セシル・デイ=ルイス 筑摩書房 1955、新版1971、のち筑摩叢書、ちくま文庫 1994 
  • 現代詩論 セシル・ルイス 創文社 1955
  • オーデン詩集 筑摩書房 1955、せりか書房、1968
  • 現代英詩の背景 アイザックス 大浦幸男共訳 創文社 1956
  • 創造的要素 第1・2部 スティーヴン・スペンダー 村上至孝共訳 筑摩書房 1956-57、筑摩叢書(全1巻)1965
  • 英文学をどう読むか L.D.ラーナー 川田周雄・安田章一郎共訳 筑摩書房 1957
  • 十七世紀の思想的風土 B.ウィレー 創文社 1958、のち復刊
  • 西洋文学の日本発見 アール・マイナー 村上至孝・大浦幸男共訳 筑摩書房 1959
  • 一歴史家の宗教観 アーノルド・トインビー 社会思想研究会出版部 1959、「著作集4」社会思想社 1967 
  • 世界文学大系 第57 エリオット 筑摩書房 1960。「荒地」「聖灰水曜日」
  • 混沌から S.ホルロイド 竹森修共訳 筑摩書房 1961
  • 革命の世界史 クリストファー・ドーソン 筑摩書房 1963、新書判
  • 堕落論 歴史のなかに神があるか ジェラルド・ハード 安田章一郎共訳 筑摩叢書 1965、のち復刊
  • 人間性の破産と超剋 E.グートキント 筑摩叢書 1968、のち復刊

参考[編集]

外部リンク[編集]