草壁焔太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

草壁 焔太(くさかべ えんた、1938年3月13日[1] - )は「五行歌の会」主宰、五行歌人、詩人評論家翻訳家。本名、三好清明[1]関東州大連市生まれ。五行歌の創始者として知られている[2][3][4]

来歴[編集]

東京大学文学部西洋哲学科卒。1956年、前川佐美雄の「日本歌人」に入会、1957年、新詩型「五行歌」を創案し、自由詩とともに五行歌を書いた。ライター編集などをしながら、詩歌の活動に専念。1966年第一詩集「ほんとうに愛していたら」を刊行。その後、多くの詩集を出版し、「絶唱」「湖上」[5]「詩壇」と詩歌雑誌の主宰を務めた。四十代後半には、1993年五行歌集「心の果て」を刊行、1994年4月、「五行歌の会」[6]を創立、月刊『五行歌』[7]を創刊し、「五行歌の会」主宰として五行歌の普及に努める。[8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18]

著作[編集]

  • 『ほんとうに愛していたら』 六芸書房 (1966)
  • 『啄木と牧水―二つの流星 』日貿出版社 (1976)
  • 『石川啄木―天才の自己形成』講談社現代新書(1977.6)
  • 『実力専務去る』六芸書房 (1979.12)
  • 『敬語で恥をかかない本』日本文芸社(1983)[19]
  • 『穴のあいた麦わら帽子』市井社(1983)
  • 『学校がなくなった日』市井社(1988)
  • 『散文人間、韻文人間、データ人間』 市井社 (1990.4)
  • 『心の果て』 市井社 (1993.3)
  • 『川の音がかすかにする』市井社 (1994.11)
  • 『東大なんてヘッチャラさ―モーレツ愉快な勉強法 』読売新聞社 (1985.3)
  • 『五行歌を始める人のために』市井社 (1997.1)
  • 『五行歌の事典』東京堂出版 (2001.6)
  • 『五行歌入門』東京堂出版 (2001.9)
  • 『飛鳥の断崖-五行歌の発見』 市井社 (1998.12)
  • 『海山』 市井社 (2005.3)
  • 『五行歌秀歌集〈1〉’01~’05』(2006.8)
  • 『Gogyohka』Shisei-sha (2006.11)
  • 『すぐ書ける五行歌』市井社 (2008.9)
  • 『もの思いの論―五行歌を形作ったもの』市井社(2009.10)
  • 『五行歌秀歌集〈2〉’06~’10 』市井社(2011.12)
  • 『五行歌 誰の心にも名作がある 』市井社(2013.12)[20]
  • 『人を抱く青』草壁焔太五行歌選歌集,遊子編市井社(2015.3)
  • 『ホンネの五行歌』明治書院 (2015.4)
  • 『五行歌秀歌集 <3> '11~'15 』市井社(2016.12)

翻訳[編集]

  • ジェームス・ブリス/ジョセフ・モレラ『左利きの本―右利き社会への挑戦状 』講談社(1980.12)

出典、脚注[編集]

外部リンク[編集]