若林尚樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

若林 尚樹(わかばやし なおき)は、日本の芸術学者。東京工科大学教授。博士(感性科学)

金沢美術工芸大学美術学部産業美術学科卒業後、同大大学院在学中、通商産業省製品科学研究所研修生となる[1]1984年筑波大学大学院芸術研究科修士課程を修了し、富士ゼロックス総合研究所工業デザイン研究室、資生堂宣伝部を経て[1]1993年岡山県立大学講師となる。1998年から同大助教授を務めた後、2000年東京工科大学メディア学部助教授に就任した。2005年に同大教授となり、翌2006年筑波大学大学院にて博士(感性科学)を取得[2]2010年東京工科大学デザイン学部教授に就任[3]。専門分野は、デジタルデザイン、情報デザインなど。

略歴[編集]

著書[編集]

  • 『コンピュータ・デザイニクス』、グラフィック社、1995年4月、ISBN 4-7661-0812-4
  • 『デジタルイメージデザイン―デザイン編CG標準テキストブック(共著)』、画像情報教育振興協会、1996年1月、ISBN 4-9066-6504-7
  • 『WWWからはじめる情報デザイン』、画像情報教育振興協会、1998年4月、ISBN 4-9066-6522-5
  • 『ハイパーメディアデザイン Webページのための情報のデザイン』、画像情報教育振興協会、2000年4月、ISBN 4-9066-6537-3

脚注[編集]

外部リンク[編集]