舟橋尚道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

舟橋 尚道(ふなはし なおみち、1925年3月16日[1] - 1998年8月3日)は、日本労働法学者。山形県出身[1]

略歴[編集]

1947年東京帝国大学法学部卒、1960年「労働法学の方法論についての研究」で法政大学法学博士全日本炭鉱労働組合書記、1948年大原社会問題研究所に入り、1949年法政大学法学部助手、講師、助教授、1960年教授、法学部長、大原社会問題研究所所長、1968年社会政策学会代表幹事[2]、1996年定年、名誉教授。1995年勲二等瑞宝章受章[1][3]

著書[編集]

  • 『賃金の経済学 働く者の生活安定のために』法政大学出版局 生活の経済学新書 1954
  • 『日本の賃金形態』大月書店 1957
  • 『新賃金入門』日本評論新社 1963
  • 『賃金論研究』時潮社 1965
  • 『労働市場と賃金形態』法政大学出版局 1966
  • 『労働法学 その二重構造の解明』法律文化社 1966
  • 『転換期の賃金問題』日本評論社 1971
  • 『社会政策論と労働法学』時潮社 1974
  • 『日本的雇用と賃金』法政大学出版局 叢書・現代の社会科学 1983
  • 『経済環境と労使関係』法政大学出版局 1992

共編著[編集]

  • 『講座日本の労働問題 第1 賃金』藤本武共編 弘文堂 1960
  • 『日本型労働組合と年功制度』氏原正治郎,藤田若雄共著 東洋経済新報社 1960
  • 『日本型賃金構造の研究』篠原三代平共編 労働法学研究所 1961
  • 『石炭鉱業合理化の実態』藤田若雄共編 御茶の水書房 東京大学社会科学研究所調査報告 1962
  • 『タイの労働事情』編 アジア経済研究所 1962
  • 『マラヤ・インドネシアの労働事情』編 アジア経済研究所 1963
  • 『労働組合入門』共著 合同新書 1964
  • 『講座労働経済 第2 日本の賃金』編 日本評論社 1967
  • 『基準生活費の研究』編著 日本労働協会 1971
  • 『セミナー経済学教室 労働経済』編著 日本評論社、1975
  • 『講座=現代の賃金』全4巻 氏原正治郎・倉野精三松尾均吉村励共編集 社会思想社 1977
  • 『市民生活のための法学入門』吉田和正共編著 広文社 1979
  • 『現代の経済構造と労使関係 80年代の雇用と賃金をめぐる主要問題』編著 総合労働研究所 法政大学大原社会問題研究所双書 1984

脚注[編集]

  1. ^ a b c 20世紀日本人名事典
  2. ^ 「《歴代本部校および代表幹事・事務局一覧》」社会政策学会
  3. ^ 「《歴代本部校および代表幹事・事務局一覧》」社会政策学会

参考[編集]

  • 舟橋尚道教授略歴・著作目録 (舟橋尚道教授定年退職記念号) 法学志林 1996-03
  • 『人物物故大年表』
先代:
中鉢正美
社会政策学会代表幹事
1968年 - 1970年
次代:
矢島悦太郎