松尾均

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松尾 均(まつお ひとし、1915年9月15日 - 1994年9月23日)は、労働経済学・社会福祉学者。

人物[編集]

佐賀県武雄生まれ。佐賀高等学校卒、1940年東京帝国大学法学部政治学科卒、産業組合中央会職員、1941年内閣企画院第三部嘱託、1946年国民経済研究協会研究員、1958年日本女子大学文学部社会福祉学科教授、64年同家政学部教授、83年定年、名誉教授[1]

著書[編集]

  • 『再建整備と雇傭問題』経済再建研究会共著 山水社 経済再建シリーズ 1948
  • 『中小企業における賃労働の特質』日本労働協会調査研究部 1960
  • 『現代の社会政策』東洋経済新報社 1966
  • 『教養経済学』東洋経済新報社 1968
  • 『資本主義経済論 経済の理論と政策』自由書房 1972
  • 『現代生活における"労働"の所在』第一書林 1983
  • 『現代日本の労働と生活』松尾均先生の退任を記念する論文集刊行会編 第一書林 1983

共編著[編集]

[編集]

  1. ^ 「追悼・松尾均先生〔含 略歴・主要著書〕」『月刊自治研』1994-11