自然学小論集

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

自然学小論集』(: Μικρὰ φυσικά: Parva Naturalia)とは、古代ギリシャ哲学アリストテレス名義の、人間にまつわる自然哲学小論文7篇を、まとめたもの。

構成[編集]

以下の7つの小論群から成る[1]

内容[編集]

日本語訳[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『アリストテレス全集 6』岩波書店のように、最後の『青年と~』の『呼吸について』の部分を分割して、8つにしたものもある。

関連項目[編集]