大道徳学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大道徳学[1]: Ηθικά Μεγάλα: Magna Moralia)とは、古代ギリシャ哲学アリストテレスによって書かれたとされる[2]倫理哲学書の1つ。

構成[編集]

全2巻から成る。

  • 第1巻 【Α巻】 - 全34章。
    • 第1章 - 序論。について。
    • 第2章 - の区分1。
    • 第3章 - 善の区分2。
    • 第4章 - 霊魂の徳。
    • 第5章 - 霊魂の有理的部分と無理的部分。その後者に生じる倫理的徳。
    • 第6章 - 倫理的徳と快楽・苦痛。「倫理的性格」(エートス)と「習慣」(エトス)。
    • 第7章 - 霊魂の内における「情意」「能力」「状態」と中庸
    • 第8章 - 中庸2。
    • 第9章 - 中庸3。
    • 第10章 - 自然物における始原的性質と生成。
    • 第11章 - 人間における始原的性質と生成。
    • 第12章 - 随意性・自発性。欲求(欲望・激情・願望)の内、欲望についての検討。
    • 第13章 - 前章の続き。激情と願望についての検討。
    • 第14章 - 強制について。
    • 第15章 - 必然について。
    • 第16章 - 随意性・自発性と思惟の同伴。
    • 第17章 - 選択について。
    • 第18章 - 徳と目的手段
    • 第19章 - 徳の目的と美・行動。
    • 第20章 - 勇敢
    • 第21章 - 節制
    • 第22章 - 温和
    • 第23章 - 鷹揚1。
    • 第24章 - 鷹揚2。
    • 第25章 - 矜持
    • 第26章 - 豪壮
    • 第27章 - 義憤
    • 第28章 - 厳正
    • 第29章 - 廉恥
    • 第30章 - 頓知
    • 第31章 - 親愛
    • 第32章 - 真実
    • 第33章 - 正義
    • 第34章 - 正理。
  • 第2巻【Β巻】 - 全17章。
    • 第1章 - 衡平
    • 第2章 - 良識
    • 第3章 - 良思量。
    • 第4章 - 自制と無自制。霊魂に生じる三悪としての悪徳・無自制・獣性。
    • 第5章 - 度を越した悪徳としての獣性。
    • 第6章 - 自制・無自制についての詳論。
    • 第7章 - 快楽
    • 第8章 - 幸運
    • 第9章 - 善美
    • 第10章 - 霊魂の無理的部分(情意)と思量的部分(理性)。幸福と活動。
    • 第11章 - 親愛1。
    • 第12章 - 親愛2。
    • 第13章 - 自愛1。
    • 第14章 - 自愛2。
    • 第15章 - 自足
    • 第16章 - 親友1。
    • 第17章 - 親友2。

内容[編集]

日本語訳[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『大道徳学』という伝統的な邦題は、ラテン語の題名である『Magna Moralia』(マグナ・モラリア)の直訳。ギリシャ語の題名である『Ηθικά Μεγάλα』(エーティカ・メガラ)を直訳すると、『大倫理学』になる。
  2. ^ 真作性には異議もあり、決着は付いていない。『アリストテレス全集14』 岩波書店 pp389-415

関連項目[編集]