記憶と想起について

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
自然学小論集 > 記憶と想起について

記憶と想起について』(きおくとそうきについて、: Περί μνήμης και αναμνήσεως: De memoria et reminiscentia: On Memory and Reminiscence)とは、アリストテレス名義の自然学短篇著作の1つであり、『自然学小論集』を構成する7篇の内の1つ[1]

構成[編集]

全2章から成る。

  • 第1章 - 本篇の問題。記憶の原因。記憶作用と感覚作用・概念作用の違い。表象と対象。
  • 第2章 - 想起とは何か。記憶と想起の関係。想起の構成。想起と学の差異。想起の根源。

内容[編集]

日本語訳[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『アリストテレス全集6』 岩波 p.169

関連項目[編集]