肝付良兼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
肝付良兼
時代 戦国時代
生誕 天文4年(1535年
死没 元亀2年7月30日1571年8月20日
改名 良兼、才安恭俊(法号)
別名 通称:三郎
墓所 鹿児島県肝属郡肝付町の盛光寺
官位 左馬頭河内
氏族 肝付氏
父母 父:肝付兼続、母:島津忠良長女・御南
兄弟 禰寝重長正室、良兼兼長?、兼樹
肝付刑部少輔室、頴娃兼有室、兼定兼亮兼則兼護
正室:高城伊東義祐長女)
伊地知重政室、満寿丸、肝付兼亮室(後、肝付兼護前室)

肝付 良兼(きもつき よしかね)は、大隅国戦国大名肝付氏17代当主。

生涯[編集]

天文22年(1553年)、父・肝付兼続の隠居に伴い当主となるが、実権は依然として父が握っていた。永禄9年(1566年)の父の死後、家中の権力を掌握すると永禄11年(1568年)に反攻に転じ、まず伊東氏と同盟し、飫肥を攻めて島津軍を撃退する。元亀2年(1571年)には伊地知重興の救援に向かい、島津軍を撃退した。しかし直後に病死した。享年37。

名跡は、娘婿となった弟・兼亮が継いだ。

出典[編集]