纒向石塚古墳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
纒向石塚古墳
Makimuku kohungun aerial.jpg
纒向古墳群の纒向石塚古墳(下右)
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成)
所属 纒向古墳群
所在地 奈良県桜井市太田字石塚
位置 北緯34度32分46.5秒
東経135度50分9.9秒
座標: 北緯34度32分46.5秒 東経135度50分9.9秒
形状 纒向型前方後円墳
規模 全長約96m
後円部径約64m、周濠幅約20m
築造時期 3世紀初頭[1]
被葬者 不明
史跡 国指定(纒向古墳群)
テンプレートを表示

纒向石塚古墳(まきむくいしづかこふん)は奈良県桜井市にある、纒向古墳群に属する古墳纏向遺跡内では最古の古墳の可能性がある[2]。また、前方後円墳成立期の古墳として注目されている。

2006年1月26日、纒向古墳群の一つとして国の史跡に指定された[2]

概要[編集]

規模・年代等[編集]

奈良県桜井市太田字石塚に位置する纒向型前方後円墳丘墓で、規模は全長96メートル、後円部径64メートル[2]、後円部の主丘部の東西59メートル、南北45メートル、前方部の長さ約32メートル、幅約34メートル。くびれ部の幅15-16メートル[2]。周濠幅約20メートルである[1]。後円部は不整形円形で、前方部は三味線状に開いている。葺石および埴輪は用いられていない[1]。墳頂部は太平洋戦争末期に削平され、そこに高射砲か対空機銃の砲台の基礎部分の跡が検出された。その際、埋葬施設の検出や遺物の出土がなかったことから、後円部の埋葬ではないか、あるいは削平のおよばない深淵部に埋葬施設があるものと考えられる。

築造時期は古墳時代前期初頭と推定される。3世紀の初頭(庄内0式期、西側周濠の出土土器による[2])、前半(庄内1式期、盛土内出土土器による[2])、または中頃(庄内3式期、導水溝出土土器による[2])という3つの説がある[1]。被葬者は不明である。

纏向石塚古墳

出土遺物[編集]

周濠より弥生時代後期最終末期から古墳時代初頭の土器が出土している。その他、弧紋円盤(こもんえんばん、吉備系の祭祀用遺物)、朱塗の鶏形木製品、木製横槌、水槽、建築部材などの木製品、土師器(纒向I式期)が出土した。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 纒向遺跡ってどんな遺跡?”. 桜井市纒向学研究センター. 2013年5月4日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 桜井市教育委員会 (2006年3月25日). “纏向石塚古墳第9次調査”. 2013年5月5日閲覧。

関連項目[編集]