給料泥棒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

給料泥棒(きゅうりょうどろぼう)とは日本においての会社社員ないし、使用者雇用されている労働者を形容する言葉

俗に「給料泥棒」とされるような社員というのは、会社側は給料を支払っている社員であるというのに、その社員は会社に対して貢献をしていないということからである。怠惰であったり成果を上げられない、すなわち業績不振な社員を罵倒するときにこの言葉が用いられる[1]

概要[編集]

会社において「給料泥棒」という俗語が使用されようとも、それに対して必ずしも納得ができない場合も多々ある。というのも、給料泥棒と呼ばれた社員であっても、その社員がもらっている給料が、「自分が会社に対して貢献をしている度合いに見合っている」という場合もあるからである。

だが、そのような場合でも、会社はその社員を雇用するに当たって、社員の手取り給与の他に税金保険料その他諸経費の支払をしているということであり、その額も合計したならば会社というのは社員一人当たりに、その社員の手取りとなる給与額の倍近くを支出しているということになるわけである[2]

例えば、受動喫煙などの影響で喫煙者の肩身が狭くなっている現代社会にあって、会社が喫煙専用部屋を設置して(=分煙)、喫煙者の社員が勤務時間中に離脱してタバコを吸いに行くことを認めたならば、この喫煙した時間分を時給換算で合計した場合、社員によっては1年間に35万円の給料泥棒となる場合も存在する。

このため、橋下徹市政下の大阪市など、「勤務中に喫煙すること自体を禁止」するようになった会社も存在してきている[3]

脚注[編集]

関連項目[編集]

  • 給与(給料)
  • 窃盗(泥棒)
  • 他力本願(人任せ・ブローカー・漁夫の利など)-本来宗教用語以外での意味合い-