紀信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

紀 信[1](き しん、? - 紀元前204年)は、中国末の武将劉邦に仕えた。

概要[編集]

紀元前207年鴻門の会で、劉邦が項羽から逃れた際に、樊噲夏侯嬰靳彊らとともに参軍として劉邦を護衛した[2]

紀元前204年6月に、項羽率いる十万の軍勢が滎陽城(河南省)の漢軍を包囲した。食糧が尽き落城寸前に陥った時に、陳平は劉邦に対して、紀信が劉邦に扮して楚に降服するふりをして、その隙に劉邦が逃亡する策(金蝉脱殻の計)を進言した。紀信はその献策を受け容れて、まもなく劉邦は陳平ら数十騎と共に成皋城に脱出した。囮となった紀信は項羽によって火刑に処された[3]

代に忠佑安漢公代に輔徳顕忠済王代に忠烈侯の諡号などを贈られている。

脚註[編集]

  1. ^ 漢書』高帝紀では、紀信ではなく「紀成」とされ、鴻門の会では『史記』項羽本紀同様に他の武将とともに劉邦を護衛した。後に上将軍韓信に従って、紀元前206年秋に好畤章邯の弟章平と姚卬と戦って、戦死したと記されている。
  2. ^ 『史記』項羽本紀による。
  3. ^ 紀元前180年秋に呂氏の専横を防がんとした太尉周勃に旌節を授け、これを補佐した紀通(後の襄平侯)は『史記』張晏註では「紀信の子」と述べているが、『漢書』が引く晋約註および顔師古註では「紀成の子」であり、「紀信の子」であることは否定している。さらに『資治通鑑』が引く胡三省註では「紀成は紀信の別名ではないか」と述べている。