篠津原3号墳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
篠津原3号墳
Shinotsuhara Kofun Group-3, sekishitsu.jpg
移築石室
広島県立みよし風土記の丘展示)
別名 篠津原第3号古墳
所属 篠津原古墳群
所在地 広島県庄原市高町(字篠津原)
位置 北緯34度51分42.85秒
東経133度4分56.90秒
座標: 北緯34度51分42.85秒 東経133度4分56.90秒
形状 円墳
規模 直径11m
高さ1.5m
埋葬施設 横穴式石室
出土品 須恵器
築造時期 7世紀末葉
(または7世紀後半-8世紀初頭)
史跡 なし
特記事項 墳丘は非現存
地図
篠津原 3号墳の位置(広島県内)
篠津原 3号墳
篠津原
3号墳
テンプレートを表示

篠津原3号墳(しのつはらさんごうふん[1]/しのづはらさんごうふん[2])は、広島県庄原市高町にあった古墳。形状は円墳。篠津原古墳群を構成する古墳の1つ。現在では墳丘は失われている。

概要[編集]

広島県北部、庄原市街地から東方の丘陵上に築造された古墳である[2]中国自動車道の関連工事の際に発掘調査が実施されている[2]

墳形は円形で、直径約11メートル・高さ約1.5メートルを測った[1]。主体部の埋葬施設は横穴式石室で、長さ3.15メートル・幅1.2メートル・高さ1.2メートルを測った[2]花崗岩の切石によるもので、一定の尺度による方形ブロック状の切石を2-3段積んで構築される[2]。出土した副葬品としては石室前面からの須恵器がある[2][1]

この篠津原3号墳は、出土須恵器より古墳時代終末期7世紀[1](または7世紀後半-8世紀初頭[2])頃の築造と推定される。切石による横穴式石室は備後地方南部で多くが知られるが、備後地方北部としては唯一となる点で重要視される古墳である[1]

現在では石室は広島県立みよし風土記の丘内に移築・復原されている。

関連施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 史跡説明板。
  2. ^ a b c d e f g 篠津原3号墳(続古墳) 2002.

参考文献[編集]

(記事執筆に使用した文献)

  • 史跡説明板(広島県立みよし風土記の丘内設置)
  • 小都隆「篠津原3号墳」『続 日本古墳大辞典東京堂出版、2002年。ISBN 4490105991

関連文献[編集]

(記事執筆に使用していない関連文献)

  • 『中国縦貫自動車道建設に伴う埋蔵文化財発掘調査報告1』広島県教育委員会、1978年。