築地ワンダーランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
築地ワンダーランド
TSUKIJI WONDERLAND
監督 遠藤尚太郎
製作 大角正
ナレーター Roza Yuri
音楽 Takahiro Kido
配給 松竹メディア事業部
公開 2016年
上映時間 1時間50分
製作国 日本の旗 日本
テンプレートを表示

築地ワンダーランド(つきじワンダーランド)は、2016年に公開された日本のドキュメンタリー映画である。

あらすじ[編集]

1935年日本橋魚河岸から移転して以来、80年の歴史を有する築地市場。「築地は単に魚を売っているだけではない。仲卸をはじめとする食のプロフェッショナルが介在し、豊富な情報や商品知識を取り扱っているのだ」という視点から、セリの現場や料理人の仕事、食育の様子の取材や開場当時の秘蔵映像を交えて、さまざまな角度から築地を見つめる。撮影期間は2014年3月から2015年6月までの1年4ヶ月間(総撮影日数143日)、総撮影時間602時間。取材人数は仲卸人81人を含む153人に及んだ[1]。遠藤尚太郎にとっては劇場映画初監督作品となる[2]。アメリカのシアトル国際映画祭英語版や、スペインのサン・セバスティアン国際映画祭において、キュリナリー・シネマ(食をテーマにした映画)部門に出品されている[3]

出演[編集]

築地の語り手として、仲卸人や、大都魚類など卸売業者、築地市場氷販をはじめとする数多くの市場関係者のほか、鮨職人の小野二郎・小野禎一(銀座・すきやばし次郎)、油井隆一(人形町・㐂寿司)、中澤圭二(四谷・すし匠)、齋藤孝司(六本木・鮨さいとう)、長山一夫(新橋・第三春美鮨)、和食料理人の奥田透(銀座小十)、石川秀樹(神楽坂 石かわ)、樋口一人(神宮前 樋口)、道場六三郎(銀座 ろくさん亭)、渡邊浩二(ふぐ料理 浅草みよし)、天ぷら職人の早乙女哲哉(門前仲町・みかわ是山居)、西洋料理人のレネ・レゼペ(コペンハーゲン)、リオネル・ベカ(銀座・ESQUISSE)、鮮魚店店主の神田秀次郎(桜新町・神田屋)、森田釣竿(浦安魚市場)、フードスタイリストの新田亜素美、文化的観点から築地を見つめる見識者として、テオドル・C・ベスター(ハーバード大学文化人類学者)、山本益博(料理評論家)、服部幸應服部栄養専門学校校長)、犬養裕美子(レストランジャーナリスト)、岩村暢子(食と現代家族研究科)がインタビューに応えている。四季のの食材を使った料理の数々も、重要な見どころとなっている[1]

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • 築地ワンダーランド 劇場パンフレット

脚注[編集]