筑後広域公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
筑後広域公園
Kyushu geibunkan 01.jpg
九州芸文館
筑後広域公園の位置(福岡県内)
筑後広域公園
分類 都市公園(広域公園)
所在地
福岡県筑後市大字津島
座標 北緯33度10分28.6秒 東経130度29分22秒 / 北緯33.174611度 東経130.48944度 / 33.174611; 130.48944座標: 北緯33度10分28.6秒 東経130度29分22秒 / 北緯33.174611度 東経130.48944度 / 33.174611; 130.48944
面積 192.8ha
運営者 福岡県(指定管理者:筑後広域公園振興事業団[1]
公式サイト 福岡県のサイト

筑後広域公園(ちくごこういきこうえん)は、福岡県営の都市公園(広域公園)である。筑後市みやま市にまたがった矢部川右岸(北岸)地域に整備された。指定管理者制度に基づき、筑後広域公園振興事業団が管理運営している。

概要[編集]

筑後市とみやま市瀬高町にまたがる地域に位置している。

2007年から供用が開始され、JR鹿児島本線西側にあたる多目的スポーツゾーンから順次開業し、2013年4月27日に芸術文化交流施設「九州芸文館」が開業したことによって、全ての施設が利用可能となった。

また、公園中央付近には「公園の中の駅」をコンセプトに、九州新幹線筑後船小屋駅が整備された。

施設・設備[編集]

東側

鹿児島本線から国道209号線までの矢部川沿いに広がるエリア。正門はエリアのほぼ東端に位置する。

  • 芸術文化交流施設「九州芸文館」
  • 休憩室(管理室)
  • 駐車場
  • ホテル「公園の宿」
  • バーベキュー広場
  • 芝生広場
  • 八幡神社
西側(多目的スポーツゾーン)

鹿児島本線より西側にあり、エリア内を矢部川の支流である沖端川が流れ、連絡橋がかけられている。施設によっては有料であったり、予約が必要なものがある。

  • 多目的グラウンド(照明有り)
  • 体育館
  • 多目的広場
  • テニスコート(照明有り)
  • ゲートボール場
  • 多自然型水路
  • プール


中ノ島

エリアの南を流れる矢部川の中州で、国道209号線の船小屋橋で連絡している。

  • 中ノ島自然公園
  • ガタガタ橋
    • 船小屋温泉と中ノ島を結ぶ。

アクセス[編集]

  • 自家用車
  • 鉄道
  • バス
  • 正門へは「筑後広域公園前」、多目的スポーツゾーンへは「筑後広域公園体育館前」(西鉄バス)で下車

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 指定管理者制度について
  2. ^ <ソフトバンク>ホークスのファーム、筑後市に移転へ(ヤフーニュース2013年12月25日 12月26日閲覧)

外部リンク[編集]