第2機甲旅団 (フランス陸軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第2機甲旅団
Logo-2eDB-p1000401.jpg
第2機甲旅団章
創設 1999年
所属政体 フランスの旗 フランス
所属組織 フランス陸軍
部隊編制単位 旅団
兵種/任務/特性 機甲部隊
人員 約6,720名
所在地 ロワレ県
オルレアン
標語 Ne me dites pas que c'est impossible!
(吾らに不可能は無し!)
Pour le service de la France, en faisant nôtre l'esprit Leclerc
(祖国フランスのためにルクレール魂を懐け)
上級単位 第3機甲師団(2016年6月20日-)
最終上級単位 CFT
主な戦歴 アフガニスタン紛争 (2001年-)
テンプレートを表示

第2機甲旅団(だいにきこうりょだん、2e brigade blindée、2e BB)は、フランス陸軍旅団CFT隷下の機甲旅団で司令部ロワレ県オルレアンに置く。旅団は現在約6,200名の隊員で構成される。

元となった部隊は第二次世界大戦期に編制された第2機甲師団で、フィリップ・ルクレール将軍に指揮され、1944年8月パリ解放で主戦力として勝利に貢献したことで有名である。

隷下の各連隊は、世界各地の紛争地に小規模の派兵を行なっている。

なお、2016年6月20日に第6軽機甲旅団および第11落下傘旅団とともに第3機甲師団の隷下部隊となる。

沿革[編集]

  • 1943年:第2機甲師団が編制される。
  • 1999年:陸軍の改編で旅団となる。
  • 2016年:第3機甲師団の隷下部隊となる。

編制[編集]

2016年現在

関連項目[編集]