第11落下傘旅団 (フランス陸軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第11落下傘旅団
Le 11e.B.P..jpg
第11落下傘旅団章
創設 1999年
所属政体 フランスの旗 フランス
所属組織 フランス陸軍
部隊編制単位 旅団
兵種/任務/特性 空挺
人員 約8,500名
所在地 オート=ガロンヌ県
バルマ
上級単位 第3機甲師団
最終上級単位 CFT
主な戦歴 アフガニスタン紛争 (2001年-)
テンプレートを表示

第11落下傘旅団(だいじゅういちらっかさんりょだん、11e brigade parachutiste:11e BP)は、フランス陸軍旅団のひとつ。CFAT隷下の空挺旅団で司令部オート=ガロンヌ県バルマに置く。

旅団は約8,500名の隊員で構成される。旅団は命令一下、速やかに地球規模で展開できるように編制され、軽歩兵と軽装甲装輪車両化歩兵部隊で構成された、フランスが誇る緊急展開空挺部隊である。元となった部隊は旧第11落下傘師団で、1999年に師団から旅団に改編された。2016年6月20日に第2機甲旅団および第6軽機甲旅団とともに第3機甲師団の隷下となった。

概要[編集]

歴史[編集]

  • 1956年:第10落下傘師団(マシュ将軍指揮下)と第25落下傘師団(Sauvagnacs将軍指揮下)が編成された。
  • 1961年将軍達の反乱後に参加した3個連隊が解散、両師団も解散され軽介入師団として再編された。
  • 1971年:軽介入師団を基に第11落下傘師団が新編される。
  • 1999年:フランス陸軍の大改革で師団から旅団に縮小新編される。
  • 2016年6月20日: 第3機甲師団の隷下となる。

ベレー帽[編集]

フランス落下傘兵は他の兵科とは違い、エリートの証である赤ベレー帽(アマランス色)の着帽が許される。ただし、第2外人落下傘連隊に所属する外人部隊兵は、外人部隊の伝統である緑ベレーを着帽する。一見すると他の外人部隊兵と見分けが付きにくいが、ベレー用バッチが第2外人落下傘連隊バッチに変えられている。

編制[編集]

2011年時点での、第11落下傘旅団の編成表

関連項目[編集]