第40砲兵連隊 (フランス軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第40砲兵連隊
創設 1894年
所属政体 フランスの旗 フランス
所属組織 フランス陸軍
部隊編制単位 連隊
兵科 砲兵
兵種/任務/特性 自走砲
人員 約1,000名
所在地 マルヌ県
Suippes
上級単位 第2機甲旅団
主な戦歴 第一次世界大戦
第二次世界大戦
テンプレートを表示

第40砲兵連隊(だいよんじゅうほうへいれんたい、40e régiment d'artillerie:40e RA)は、マルヌ県Suippesに駐屯する、フランス陸軍自走砲連隊である。かつては第1機械化歩兵旅団の隷下にあったが、2015年7月21日をもって同旅団が解隊されたため、現在は第2機甲旅団の隷下となっている。

兵種は砲兵、伝統的区分も砲兵である。

沿革[編集]

最新の部隊編成[編集]

40e RA 09935.JPG
  • 連隊本部
  • 本部管理中隊
  • 砲兵情報中隊
  • 管理支援中隊(武器・車両・通信の整備など)
  • 第1中隊 - AuF1
  • 第2中隊 - AuF1
  • 第3中隊 - AuF1
  • 第4中隊 - AuF1

定員[編集]

  • 連隊の人員構成としては、将兵900名、軍属70名

の、合計約1,000名からなる。

  • AuF1が32両、カエサルシステム4門、牽引砲4門、重迫撃砲16門を装備する。

主要装備[編集]

関連項目[編集]