VAB装甲車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
VAB装甲兵員輸送車
VAB armoured personnel carrier DSC00846.jpg
基礎データ
全長 5.93m
全幅 2.49m
全高 2.06m
重量 13t
乗員数 2名+兵員10名
装甲・武装
装甲 最大32mm
主武装 12.7mm重機関銃M2×1丁
7.62mm機関銃NF-1×1丁
機動力
速度 92km/h
エンジン ルノー社製MIDR 062045
直列6気筒液冷ターボチャージドディーゼル
300hp
懸架・駆動 装輪式
行動距離 1,000km
出力重量比 23hp/t
テンプレートを表示

VAB装甲車フランス語Véhicule de l'Avant Blindé)は、フランス製の装輪装甲兵員輸送車である。1976年に就役し、5,000両が生産されている。

後部の左右両側に装備されたウォータージェット推進装置による水上航行能力とNBC防護機能、優れた路外走行能力を併せ持っており、多数の派生型が存在する。

バリエーション[編集]

VABには大きく分けて4x4輪式と6x6輪式の派生型が存在し、フランス軍では主に4輪型が使用されている。

装甲兵員輸送車
助手席上に7.62mm機関銃NF-1もしくは12.7mm重機関銃M2ターレット、またはプロテクター M151 RWSを搭載。
火力支援車型
キャビン上部に20mm機関砲ターレットを搭載。
戦車駆逐車
キャビン上部にHOT対戦車ミサイル発射機を搭載。
戦場救急車
ジュネーヴ条約に基づき、武装は撤去されている。衛生兵の項目を参照。
指揮統制車型
より強力な無線機を搭載。
迫撃砲運搬車
81mm迫撃砲を車内に搭載するか、120mm迫撃砲 RTを牽引し、弾薬と運用要員を運搬する。
装甲工兵車
工兵用の作業用車両。6x6輪となっているのが特徴。

などが挙げられるほか、フランス国家憲兵隊放水銃あるいはブルドーザーブレードを装備したVBRGと呼ばれる派生型が配備され、暴動鎮圧を主任務としている。

発展型のMk.2のほか、現在Mk.3が開発中である。

戦闘経験[編集]

VABは、フランス軍歩兵連隊はもちろん、砲兵連隊や騎兵連隊、工兵連隊などでも現在まで広く使用されており、湾岸戦争ユーゴスラビア内戦および、コートジボワール内戦、マリ北部紛争への介入任務などに投入された。

フランス以外ではモロッコ西サハラにおけるポリサリオ戦線との戦闘に、レバノンレバノン内戦などの同国内の武力紛争に投入した。

採用国[編集]


関連項目[編集]