TRF1 155mm榴弾砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
TRF1 155mm榴弾砲
TRM-10000 - TRF-1 003 FR.JPG
TRM 10000に牽引されるTRF1榴弾砲
種類榴弾砲
原開発国 フランスの旗 フランス
運用史
配備期間 年~
配備先 フランスの旗 フランス
関連戦争・紛争 湾岸戦争
開発史
製造数
諸元
重量 10,520kg
全長 18.26m
全幅 m
全高 m
要員数 7名

砲弾 弾頭:榴弾、発煙弾、照明弾
装薬:薬嚢式
口径 155mm
銃砲身 6200㎜(40口径)
反動 液気圧式駐退機
2段式マズルブレーキ
砲架 開脚式
エンジン装備
仰角 -6° ~ +66°
旋回角 65°
発射速度 3発/15秒(最大)
3~6発/分(持続射撃)
初速 827m/秒
有効射程 24km(標準榴弾)
30km(ロケット補助推進弾)
テンプレートを表示

TRF1 155mm榴弾砲(TRF1 155mmりゅうだんほう。フランス語: canon tracté de 155 mm Tr F1)は、フランスGIAT社で開発生産された、榴弾砲である。

特性[編集]

エンジンを搭載しており、短距離であれば自走が可能であるため、発射位置まで牽引を要しない。このため、展開・撤収が以前の砲と比べてきわめて早いという利点がある。

運用国[編集]

関連項目[編集]

同世代の榴弾砲