第二航路トンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

第二航路トンネル(だいにこうろトンネル)は東京臨海副都心青海地区(江東区青海)と中央防波堤内側埋立地(江東区海の森)の間に位置する海底トンネル。総延長は1084メートル[1]

概要[編集]

中央防波堤埋立地処分場に土砂・廃棄物を運ぶために1973年(昭和48年)に建設が開始され、1980年(昭和55年)に完成した。

供用開始当初は中央防波堤の関係車両やごみ収集車、団体見学車両以外は通行が禁止されていたが、2002年(平成14年)の東京港臨海道路I期(臨海トンネル)開通の際に一般に開放された。都営バス波01系統も通っている。

役割[編集]

当初は臨海副都心地区と中央防波堤を結ぶだけの機能であったが、2002年に臨海トンネルが一般供用されてからは、レインボーブリッジ - 東京湾岸アンダー - 青海トンネル - 第二航路トンネル - 臨海トンネルを経由することで都心から羽田方面への新たなルートの一端を担うようになり、首都高湾岸線東京港トンネル)の混雑緩和に寄与している。

知名度が上がり、中央防波堤にコンテナターミナルが設置されたことに伴い交通量も増加している。特に第二航路トンネル南行きは海上コンテナを積載したトレーラーに一般車も加わり、頻繁に渋滞が発生している。2012年には東京ゲートブリッジを経て若洲まで接続するようになった。

歴史[編集]

  • 1973年 第二航路トンネル建設に着手
  • 1980年 第二航路トンネルが竣工 供用開始する(当時は一般車通行禁止)
  • 2002年 臨海トンネルが開通し一般に開放されたため、一般車通行禁止の規制が解かれた

工法[編集]

臨海トンネルと同じ沈埋工法(沈埋トンネル

その他[編集]

  • 第二航路トンネルには道路部分の他に一般地下歩道部分もあるが、そこの入り口は常にシャッターで閉められており、中央防波堤へは歩いては渡ることが出来ない。
  • 原動機付自転車(50cc以下)は走行禁止となっている[1]
  • 中央防波堤外側埋立地は町名未設定のため、埋立地内の施設の住所は暫定的に第二航路トンネルの入口がある江東区青海3丁目の地先としている[2]
  • 第二航路トンネルが完成するまでは工事車両のため橋が架けられていた。

脚注[編集]

  1. ^ a b 第二航路海底トンネル~よくいただく質問集 - 東京都港湾局Webサイトより
  2. ^ “江東・大田区、東京湾で“領土争い”40年 五輪前に「早く解決を」”. 産経新聞(産経ニュース). (2014年9月30日). http://www.sankei.com/region/news/140930/rgn1409300012-n1.html 2014年10月14日閲覧。 《“【用語解説】中央防波堤”項を参照;→アーカイブ

関連項目[編集]

座標: 北緯35度36分14秒 東経139度47分34.4秒 / 北緯35.60389度 東経139.792889度 / 35.60389; 139.792889