臨海トンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
臨海トンネル城南島側坑口(2012年3月20日)

臨海トンネル(りんかいトンネル)は東京都大田区城南島と同令和島中央防波堤外側埋立地その1)の間にある東京港を潜る海底トンネルである。東京港臨海道路が通っている。東京港臨海道路I期事業にて建設された。2002年に開通。

工法[編集]

  • 別の場所で作成した11函の沈埋函を現場まで船で曳航し、沈めた後に接合してトンネルとする工法を採用した(沈埋工法)。

道路諸元[編集]

  • 総延長約3.1km(うち海底部分1.328km)[1]
  • 第4種第1級(道路構造令、設計速度50km/h)
  • 車線 片側2車線

東京ゲートブリッジ第二航路トンネル同様、原動機付自転車(50cc以下)は走行禁止となっている[1]。また、水底トンネルのため危険物積載車両も通行が禁止されている。

脚注[編集]

  1. ^ a b 東京港臨海トンネル~よくいただく質問集 - 東京都港湾局Webサイトより

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度35分16.1秒 東経139度47分18.3秒 / 北緯35.587806度 東経139.788417度 / 35.587806; 139.788417