笠原宗太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
笠原 宗太 Football pictogram.svg
名前
愛称 ゼブラの弾丸
カタカナ カサハラ ソウタ
ラテン文字 KASAHARA Sota
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1976-05-09) 1976年5月9日(42歳)
出身地 群馬県
身長 170cm
体重 62kg
選手情報
ポジション FWMFDF
利き足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1999 大塚製薬 18 (0)
2000-2001 水戸ホーリーホック 30 (3)
2002 図南SC
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

笠原 宗太(かさはら そうた、1976年5月9日 - )は、群馬県出身の元サッカー選手、サッカー指導者。元ヴァンフォーレ甲府笠原恵太は実兄。引退後は地元群馬で体育科の教師としてサッカー部の指導にあたっている。

来歴[編集]

高校時代は前橋育英と並ぶ、群馬県のサッカーの名門である群馬県立前橋商業高等学校のサッカー部に所属。 小さいながらもスピードをいかし、快速フォワードとして他チームに恐れられていた。ユニフォームが白黒のストライプだったこともあり『ゼブラの弾丸』という異名で呼ばれていた。

高校卒業後は筑波大学に推薦で進学しサッカー部で活躍した。 筑波大学を卒業したのち、大塚製薬を経て、2000年にJ2の水戸ホーリーホックに入団。ポジションをFWからDFにコンバートした。2002年図南SCに移籍し、同年限りで現役引退。

2003年に群馬県立高等学校教員に採用され、群馬県立館林高等学校サッカー部監督に就任。2010年4月より群馬県トップの進学校である群馬県立前橋高等学校に異動し、サッカー部顧問に就任した。2014年には前橋高校サッカー部初の群馬県高校総体優勝を導いた。2017年のインターハイ群馬県予選では準優勝した。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1999 大塚製薬 19 JFL 18 0 - 3 0 21 0
2000 水戸 17 J2 30 3 0 0 1 0 31 3
2001 水戸 17 J2 0 0 0 0 0 0 0 0
2002 図南 11 関東 - -
通算 日本 J2 30 3 0 0 1 0 31 3
日本 JFL 18 0 - 3 0 21 0
日本 関東 - -
総通算 0 0 4 0

指導歴[編集]

関連項目[編集]