笠原恵太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
笠原恵太 Football pictogram.svg
名前
カタカナ カサハラ ケイタ
ラテン文字 KASAHARA Keita
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1973-06-14) 1973年6月14日(45歳)
出身地 群馬県
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

笠原 恵太(かさはら けいた、1973年6月14日 - )は、群馬県出身の元プロサッカー選手、サッカー指導者。元水戸ホーリーホック所属の笠原宗太は実弟。

人物[編集]

前橋商業高校時代は同校の中心選手として活躍主将を務める。卒業後、サッカー推薦で筑波大学に入学して同大サッカー部に所属し、その人柄や人望の厚さで主将を務める。1996年コンサドーレ札幌に入団し、「37」の背番号で活躍する。その後、ヴァンフォーレ甲府へ移籍して活躍した。

現役引退後の2000年に群馬県高等学校教員に採用され、群馬県立桐生高等学校に赴任し、サッカー部監督に就任。2005年4月より群馬県立高崎高等学校に異動し、サッカー部監督に就任。2014年から母校である群馬県立前橋商業高等学校のサッカー部監督となっている

エピソード[編集]

  • 2004年1月4日、群馬県出身のJリーガー・元Jリーガーによる対抗戦「新春ドリームマッチ群馬2004」に出場。
  • 佐藤一樹は高校の後輩にあたる。

所属クラブ[編集]