竹田淳照

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

竹田 淳照(たけだ じゅんしょう、1914年1月24日 - 1998年4月20日)は、日本中国文学者教育者・学校経営者。専門は中国文学北海道夕張市出身。

略歴[編集]

1939年大谷大学文学部専門部卒業。1944年北京大学研究院修了。北京大学研究員。1945年日本に引揚げ。

大阪商科大学高等商業部教諭。1951年大阪市立大学法文学部専任講師。1960年大谷大学文学部専任講師。1962年大谷大学学監学校法人真宗大谷学園事務局長。1965年京都産業大学学監・学校法人京都産業大学事務局長。1968年京都産業大学常務理事・同副学長・同外国語学部教授。1973年学校法人札幌大谷学園理事長。1974年札幌大谷短期大学学長。1992年学校法人札幌大谷学園理事長・札幌大谷短期大学学長退任。

著書[編集]

単著
  • 『自灯録』(伊藤万、1961年)
共著
  • 『中國古印圖録』(共著, 大谷大学, 1964年)
  • 『見真文庫目録』(共著, 札幌大谷短期大学図書館, 1983年)
論文・記事

参考文献[編集]

  • 『北海道人物・人材情報リスト2013 第2巻』(日外アソシエーツ編集・発行、2014年)