竹村良貞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
竹村良貞

竹村 良貞(たけむら よしさだ、文久元年11月25日[1]1861年12月26日)- 昭和15年(1940年6月9日)は、明治期ジャーナリスト政治家帝国通信社社長。

経歴[編集]

越後国生まれ。高田藩士の子として生まれ、藩校に学び明治10年の役で従軍。その後、慶應義塾に入り、1881年(明治14年)に卒業した。郷里に帰り高田新聞を創刊するが、高田事件で入獄した。

1883年(明治16年)、報知新聞に入社。その後、報知新聞が時事通信社[2]と合併した際に帝国通信社の社長となる。

1904年(明治37年)の第9回衆議院議員総選挙において新潟県憲政本党から、1917年(大正6年)第13回総選挙では憲政会から立候補し、代議士となっている。その他に東京市会議員、麹町区会議長を歴任した。

脚注[編集]

  1. ^ 漆崎多四郎『貴衆両院議員名鑑』、1919年、13頁。
  2. ^ 現在の時事通信社とは無関係。1888年三井物産創業者の益田孝によって創立された通信社。

参考文献[編集]