竹下本店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社 竹下本店

Takeshita Honten 2.jpg

種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
690-2701
島根県雲南市掛合町掛合955-1
業種 食料品
法人番号 9280001005680
代表者 代表取締役 竹下三郎
関係する人物 竹下儀造 - 社長の祖父
竹下勇造 - 同父
竹下登 - 同長兄
竹下亘 - 同次兄
影木栄貴 - 登の孫、DAIGOの姉
DAIGO - 登の孫
外部リンク http://www.takeshita-honten.com/
テンプレートを表示

株式会社竹下本店(たけしたほんてん)は、島根県雲南市掛合町掛合に本社を置く酒造メーカー。第74代内閣総理大臣竹下登の実家として知られ、 かけや酒蔵資料館竹下登記念館を併設している。

概要[編集]

創業は幕末期の1866年慶応2年)[1]。竹下家は代々この地域の庄屋を務め、山林大地主田部家から酒造の権利を譲り受け、醸造を始めた[2]

現在の酒蔵群は1897年明治30年)に建造された[3]

2003年に醸造を休止し他社に醸造を委託し桶買いに切替え、使用されなくなった酒蔵を雲南市に寄贈。2005年から「かけや酒蔵資料館」として公開[3]

2006年に生家に隣接し竹下登記念館を建設[3]

2015年から地元有志による会員制地酒造り団体により醸造を再開[3]

沿革[編集]

  • 1866年 - 創業
  • 1955年 - 竹下酒造有限会社に組織変更。
  • 1979年 - 株式会社竹下本店に組織変更。

銘柄[編集]

  • 出雲誉 - 1975年出雲大衆から改名、登の孫DAIGOの写真ラベルもある。
  • 我が道を行く - ラベルは登の揮毫で書かれ、関連商品にDAIGOの姉である漫画家の影木栄貴が描いた祖父・登の似顔絵入りラベルもある。
  • 都の西北 - 第11代から14代当主4人の母校早稲田大学の校歌の一節より命名。
  • 出雲大衆 - 大正時代から使われていた銘柄を復刻。

かけや酒蔵資料館[編集]

Japanese Map symbol (Museum) w.svg かけや酒蔵資料館
Kakeya sakagura museum.jpg
施設情報
事業主体 雲南市
管理運営 株式会社竹下本店
開館 2005年
所在地 690-2701
島根県雲南市掛合町掛合955-1
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

併設の酒造資料館、古い酒造りの道具等を展示し、酒の試飲・販売も行っている。

竹下登記念館[編集]

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 竹下登記念館
Takeshita Noboru memorial hall.jpg
施設情報
管理運営 株式会社竹下本店
開館 2006年
所在地 690-2701
島根県雲南市掛合町掛合955-1
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

総理大臣在任中の名刺やパスポート、愛用の眼鏡などを展示。「平成」の奉書紙の複写物を展示、原本が竹下家に保存されていたが、のちに国立公文書館に寄贈された[4]

参考文献[編集]

  • 石原美和『しまね酒楽探訪』今井出版、2013年。ISBN 978-4-906794-32-4
  • 「さんいんキラリ別冊「神々を魅了した島根の酒」」、グリーンフィールズ、2017年。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 石原、45頁
  2. ^ 『さんいんキラリ別冊』、52頁
  3. ^ a b c d かけや酒蔵資料館、展示年表
  4. ^ 新元号墨書、公文書扱い 政府方針 「平成」は一時竹下元首相の私物に - 東京新聞

関連項目[編集]

実家が酒造業の歴代内閣総理大臣
  • 宇野宗佑 - 第75代、実家は滋賀県守山市で「栄爵」銘柄の宇野本家、2009年廃業。
  • 佐藤栄作 - 第61~63代、岸信介の弟。
  • 池田勇人 - 第58~60代、実家は広島県竹原市吉名で「豊田鶴」銘柄の池田酒造、現在は豊田酒造(有)に社名変更し酒屋に転業しているが2018年現在は休業中。
  • 岸信介 - 第57代、実家は山口県田布施町。

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度11分34.1秒 東経132度49分8.1秒 / 北緯35.192806度 東経132.818917度 / 35.192806; 132.818917