竹下勇造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

竹下 勇造(たけした ゆうぞう、明治33年(1900年)6月25日 - 昭和59年(1984年)3月21日)は、日本実業家政治家。元島根県議会議員、元掛合村長。元竹下酒造代表取締役柔道3段。掛合町名誉町民。旧姓武永(たけなが)。

元首相竹下登の実父。漫画家影木栄貴、ミュージシャンDAIGOなどは曾孫にあたる。

経歴[編集]

島根県簸川郡今市町(現:出雲市)出身[1]武永貞一の弟[1]。掛合町(現:雲南市竹下儀造養子となった。

松江中学(現松江北高等学校)を経て、大正12年(1923年早大専政科卒業[1]

酒造業経営の傍ら掛合村長、翼賛会役員等をつとめる[1]

昭和17年(1942年)島根県会議員に選出される(~昭和21年(1946年))[1]公職追放が解かれた後、掛合町の教育委員長を17年にわたって務めた。

昭和59年(1984年)3月21日、心不全により死去。

人物像[編集]

奥出雲の山林大地主田部長右衛門は長男の竹下登を何かといえば「登、登」と呼んでわが子同様にかわいがった。ある時「勇造ハン、登のことはわしに任せっさい。お前さんには任せられんケン」、「ゼネ(銭)はみんなわしが出す」などと述べたことがあったという[2]

竹下家関係者は勇造について「勇造さんは、いまでいう“逆玉”ですわ。家つきの娘と結婚して、気楽な生活を楽しんでました。家業の酒造りは、奥さんと番頭さんにまかせっきりで、政治談議をはじめると尽きることがない。ですから、朝はいつも11時前には起きてきたことがない。“まだ寝ちょって起きない”といってよく起こしたものです」と述べている[3]

趣味は書画、骨董[1]。宗教は真宗[1]

家族・親族[編集]

参考文献[編集]

  • 『新日本人物大観(島根県版)』 人事調査通信社 1957年 タ…267頁
  • 田部長右衛門(朋之)先生追悼録』 1981年 12-14頁
  • 岩瀬達哉 『われ万死に値す―ドキュメント竹下登』 新潮社 1999年
  • 神一行『閨閥 特権階級の盛衰の系譜』 2002年 181-196頁

関連人物[編集]

脚註[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 『新日本人物大観』(島根県版) 人事調査通信社 昭和32年(1957年) タ…267頁
  2. ^ 田部長右衛門(朋之)先生追悼録』
  3. ^ 岩瀬達哉『われ万死に値す―ドキュメント竹下登』69頁
  4. ^ a b c 『新日本人物大観』(島根県版) 人事調査通信社 昭和32年(1957年) タ…141頁