竜 (トールキン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

(りゅう)は、J・R・R・トールキンの『ホビットの冒険』『指輪物語』『シルマリルの物語』等の著作に登場する中つ国の架空の種族である。

概要[編集]

中つ国における竜は太陽の第一紀において初代冥王モルゴスが作り出した彼の被造物の最高傑作で、巨大な爬虫類のような形をした恐ろしい生物である。殺されない限り竜の命は永久に続く[1]ため、エルフのような不死の種族と同じく圧倒的な年月を生きる。モルゴスのしもべの中では、サウロンや炎の悪鬼バルログと共に非常に恐れられた。

能力[編集]

複数の言語を扱う能力を持ち、その力は一体で一国を滅ぼしてしまう事もあるほど強大である。火を吐く火竜族"ウルローキ"[2]と吐かない冷血竜がおり、また翼のないものとあるものや長虫(ヘビの姿をしたワーム "Were-worm" または "Long-Worm"や、トカゲ型の "Long-worm") など様々な形態がある。これらの中でも、火竜で翼のあるものがもっとも危険で恐ろしいとされるが、冷血竜の爪と牙、強靭な身体を駆使した攻撃も十二分に脅威であり、歴史的にも多数のドワーフの王国が冷血竜によって滅ぼされてきた。

また非常に狡猾で知力においても危険な存在であり、中には魔術の知識に通じており、それを使役する竜もいる。主に呪言や邪視などの凶悪な呪力を発揮して恐ろしい被害を巻き起こす(睨むことで敵を金縛りにする、相手を欺き術者の言葉を真実と錯覚させる、対象の記憶を封じ忘却の呪いをかけるなど)。 後述する竜の祖グラウルングは優れた妖術や呪術の使い手で、人間の英雄トゥーリンとその妹を悲劇的な末路に追いやっている。

なお、Middle-earth Role Playingなどの二次創作物では、冷血竜などの地這い龍の(肉体的な)物理的破壊力は翼のある竜族よりも強力だったと言われ、また、冷血竜の一部には火炎は吐かないが魔力を行使したり、口から煙や霧、高温の水蒸気を吐き出すものもいたとされる。 

弱点[編集]

このように猛威を振るう存在でありながら、弱点(主に鱗で鎧われていない腹部であるとされる)を突かれるとたちどころに滅ぼされる展開が多い。反面、完全に成長しきった竜の鱗に覆われた部分は、非常に堅固で通常の攻撃を寄せ付けない。しかし、成長しきってない若竜の場合、鱗が完全ではないため傷つきやすい。また成長しきった竜の鱗であっても、ドワーフの振るう大鉞に対しては完全な武装とはいえない。[3]その他に、成長に大変な時間を要するため、兵力としての柔軟性に欠ける部分があり、竜族特有の傲慢性からか敵を見くびって隙を突かれたり、弱点に特化した攻撃を受けて倒される事もある。

歴史的に竜を倒した際に英雄が使用していた武器はエルフやドワーフの特別製や魔力を持つなど特別な武器が多い。

天敵は大鷲族(こちらもマイアの可能性が示唆されている)、竜の敵として巨鳥が置かれるのはガルーダ鳥など古今東西からよく見られる設定である。 両種族とも、エルフやビヨルンリングなどの魔法族同様に上古の時代(第一紀)の個体の方が後世の者たちより遥かに強力で巨大な傾向にある。

特徴[編集]

性質は邪悪で、使い道もないのに財宝を貪欲に求める。だが自分たちでは何一つ生み出せないため、他者から財宝を奪う。そして奪ったそれを山と積み上げて褥とし、その上に眠る。また奪った財宝に固執し、生きている限りそれを守り続ける。財宝の価値は心得ているものの、その細工の良し悪しの判別はできない。その性質から古来ドワーフと因縁が深く、数多くのドワーフの国が竜に滅ぼされ略奪を受けたため、ドワーフ達の激しい憎悪が向けられる場合も多い。ドワーフ族は、ほかのどの自由の民よりも竜の炎と熱に対する耐性が高かったとされている。[4]しかし竜の破滅は、結果的にドワーフ以外の種族の手によって下されることが多い。有事でない限りは積極的に群れを作るなどの社会行為は確認されていないが、第一紀ではバルログ達と軍勢の指示を司ったり、竜そのものが大戦での指揮を任されることも度々あった。

だが一方で、モルゴスの影響下に絶えずあった第一紀の竜を除くと、特に後世の竜に特徴的だが、自らの欲望が満たされていて、他者(サウロンなど)からの干渉を受けない限りは、中つ国の歴史の流れには無関心・無干渉な姿勢を見せる面もある。[5]

また非常に知能が高いゆえか、謎めいた話に惹かれてしまう習性がある。これにはどんな竜でも抗うことが出来ず、その謎を解き明かそうとする面白さについつい時を費やしてしまう。[6]ホビットの冒険』では、作中ビルボ・バギンズスマウグと対峙した際、この習性を利用することで上手く立ちまわっている。

第一紀末の超大戦「怒りの戦い」にて殆どがバルログやオーク、その他の数多の闇の怪物と共に滅ぼされたが、極少数が生き延びて数を増やした。第二紀では目立った活躍は見られないが、第三紀に入ってから北方の灰色山脈やその麓ヒースのかれ野で数を増やし、ドワーフや人間に脅威を与えることとなる。俗に大竜と呼ばれるような火竜は黄金竜スマウグが最後の個体であったらしく、スマウグの死後、そのような強力な火竜の類は途絶えてしまったと思しい。

起源[編集]

種族としての龍族の起こりは現在でも不明である。多くの闇の種族や怪物がそうであったように、モルゴスがその誕生に関与した事は確かだが、それ以前の状態(例えばバルログが堕天する以前マイアールであったように)は未知である。

登場する個体[編集]

グラウルング - Glaurung[編集]

史上最初に出現した巨大な竜で、竜の祖とされ地を這い火を吐く黄金の竜。黄金竜、全ての竜の父、祖竜、アングバンドの長虫などの呼び名がある。残忍だが非常なる智将でもあり、彼の真の恐ろしさは炎や牙よりも、その知恵と魔力にあると言われた。その知力と魔術は竜族の中でも比類なき強力・敏腕さであった。

アングバンドより四度出撃し、そのたびにその強大な力でエルフや人間の軍勢を敗退せしめ破壊の限りを尽くす。最初の出現時は、若さ故の過ちか未だ成育しきってはいない状態で出撃し、数多くの矢を射掛けられ敗退するが、エルフ諸侯を仰天させるには十分だった。その後二百年を経て成育した後、時のダゴール・ブラゴルラハにおいてバルログらと共に先陣を切って出撃(バルログらですら大黄金龍の後続であった)、エルフ軍の包囲網を壊滅させ追い散らした。ニアナイス・アルノイディアドにおいても出撃し猛威を振るったが、その際はドワーフ王アザガルの軍勢に取り囲まれ、アザガルによって腹部を短剣で刺されたことで傷を負い、アングバンドへと敗退する。この時は、かの大長虫の他にも竜族が戦場へと繰り出していた。

後年にはオークの軍勢を率いてナルゴスロンドを襲撃し、その財宝をことごとく奪い去ってそこに巣食った。その最中にトゥーリンを邪視と呪言で翻弄したためその恨みを買う。また、後に遭遇したトゥーリンの妹ニエノールに対して忘却の呪いをかけたことで、兄妹はその後悲惨な運命を辿ることになる。斯様に猛威を振るったグラウルングだが、その最期はトゥーリンによって齎される。新たな襲撃のために崖を渡ろうとした際、崖下に潜んでいたトゥーリンに腹部を魔剣グアサングで深々と刺されることにより致命傷を負う。しかし、死の間際に毒血と邪視、及び忘却の呪いを解くことよってトゥーリンとニエノールを死に追いやる。

アンカラゴン - Ancalagon the black[編集]

著名な黒竜。その名はシンダール語にて「突進する顎」の意を持つ[7]。また、古英語上での抵抗・妨害・敵対・反対等の意を持つ語 Andracca憎悪嫉妬等の意の Anda, そして 「龍」 Draca を組み合わせた名でもある[8]。表記として「黒のアンカラゴン」や「黒龍アンカラゴン」とするものが多い。第一紀の最後、中つ国史上最大の戦争である「怒りの戦い」の最終局面にて、突如出現したモルゴス軍の切り札である翼持つ火竜達の中でも、最強のもの。

ヴァリノールの軍勢に莫大な数のアングバンド軍が圧倒される中、突如アングバンドより同族とともに出撃しヴァリノール軍を一時的に押し返した。やがて戦いに加わった大鷲及び、空飛ぶ船ヴィンギロトに乗ったエルロンド卿の父エアレンディルと激しく戦い、丸一日の攻防の末にエアレンディルに滅ぼされた。

どれだけの大きさであったかは明記されていないが、アンカラゴンの墜落した衝撃でサンゴロドリムの山並みは毀れたといわれる。

『指輪物語』においてガンダルフが、力の指輪を滅ぼす方法として竜の火を挙げながら、一つの指輪においては「かの黒竜アンカラゴンの火をもってしても不可能であろう」と述べている。なお、ドワーフ族の七つの指輪の四つは竜の炎に消えた。

大冷血竜 - The Great Cold-Drake[編集]

能力や顛末など詳細が不明な大竜。当時のドゥリン一族の王国を襲撃、圧倒的な力で制圧した。この災禍により、トーリン・オーケンシールドの曽祖父ダイン一世とその第二子のフロールらが犠牲になり、後のスマウグとトーリン二世の戦いなど、この一族の竜族との因縁が強いことが見て取れる。

スカサ - Scatha[編集]

第三紀、灰色山脈において猛威をふるった大竜。スカサとはローハン語における呼称であり、長虫スカサ(Scatha the Worm)または大長虫とも呼ばれる。ドワーフから略奪を繰り返したが、北方人(ロヒアリムの祖)の族長フラムにより滅ぼされた。しかしその死蔵していた財宝を巡りフラムとドワーフの間にいさかいが起こり、フラムはドワーフに殺害されたとされる[9]。その財宝の一つに、ローハンで代々受け継がれるようになった角笛がある。指輪戦争での功をたたえてメリアドク・ブランディバックに贈られたこの角笛は、後のホビット庄での戦いにおいて使用された。

スマウグ - Smaug[編集]

第三紀では最大とされる翼のある火竜で、中つ国における最後の世代の火竜族または大竜の一体とされる(少なくとも指輪戦争直前までは火竜族が存在していた)。黄金竜と呼ばれるが、これは元来赤竜であったものが長年溜め込んだ黄金が体にこびりついた結果であるという。

はなれ山(エレボール)にあるドワーフの山の下の王国と人間の谷間の国を襲撃して滅ぼし、約二百年にも渡ってそこに巣食ったが、最後は復讐にきたドワーフたちと共にやってきたホビットビルボ・バギンズによって弱点を見抜かれ、ツグミの伝達により情報を得たバルド谷間の国の末裔バルドの手により心臓付近の鎧のほころびを弓で射抜かれ滅ぼされる。

独立項目スマウグを参考。

Gostir[編集]

下記のゴンドリンの獣とは対照的に、名前以外は殆ど何も知られていない竜。名前にGos (「dread」非常に恐ろしい)が含まれており、その名の意味するところは「dread glance」、即ち恐怖の眼(視線、一瞥 ) である[10]

賢者トゥアゴンの塔の崩壊を描いた絵画
ゴンドリンの襲撃時にゴスモグを背に乗せる龍の一体(おそらくゴンドリンの獣)

ゴンドリンの獣 - The Beast/Fire-Drake of Gondolin[編集]

トールキンの草稿の中でも、極めて初期のものである『ゴンドリンの陥落』に登場する竜。他の多くの龍らとは異なり、この個体に関しては厳密な名前が判明していない。ゴンドリンの陥落時に活躍した雄の大竜で、バルログを背に乗せ[11]他の怪物たちと共に現れた。戦禍の中、エダインの英雄トゥオルに喉を傷つけられた際に苦悶し暴走、周囲を破壊・焼き尽くしながら暴れまわり、尻尾の一撃で大勢のオークノルドール人を潰した後に撤退した。

その他[編集]

  • 語源の研究・説明のみに留まるものの、上記の名前が残る個体たちの他に、「スパーク竜」Spark-dragons (フェアローキ Fealóke[12])や、暗闇で光り輝くGreat glow-worms (ムカデのような存在だった可能性もある)[13]シーサーペント"Fish-dragons"(リングウィローキ Lingwilóke[12]などの海竜や、砂漠や洞穴を好むサンドワームや岩竜 (Stone-dragon)、土竜地龍)、Were-worms などその他多数の竜の亜種や眷属が設定されている。 なお、ナズグルの「おぞましい獣(フェルビースト)」が竜に酷似しているのは実写映画版のみの設定であり、原作においては竜とは全く別の生き物である。
  • シルマリルの物語の初期案では、生物としての竜ではなくオーク軍の開発した兵器として、竜を象った攻城兵器が登場する予定であった。
  • トールキンはファンタジーの題材としての龍を非常に好み、彼による他の諸作品でも Chrysophylax農夫ジャイルズの冒険に見られた黄金竜)などが登場する。

脚注[編集]

  1. ^ J.R.R.トールキン 『ホビットの冒険』上巻 岩波少年文庫 2002年 55項
  2. ^ クウェンヤ語で「火の蛇」を意味する
  3. ^ J.R.R.トールキン 『新版 シルマリルの物語』 評論社 2003年 332項
  4. ^ J.R.R.トールキン 『新版 シルマリルの物語』 評論社 2003年 332項
  5. ^ The Lord of the Rings: War in the Northに見られた火龍ウルゴスト (Urgost) のように、二次的な創作物では利害の一致次第で自由の民と共存を選ぶ竜も現れている。
  6. ^ J.R.R.トールキン 『ホビットの冒険』下巻 岩波少年文庫 2002年 110項
  7. ^ Anca(「顎」)とAlak-(「突撃」)の意。
  8. ^ J.R.R. Tolkien 『The History of Middle-earth Vol.4 The Shaping of Middle-earth』 Del Rey Books 256頁
  9. ^ 財宝の所有権を互いに譲らない状況で、フラムがドワーフにスカサの牙で作ったネックレスを贈呈し挑発した際にドワーフが激昂し殺人事件に発展してしまったとされる。
  10. ^ J.R.R. Tolkien 『The History of Middle-earth Vol.5 The Lost Road and Other Writings』 Del Rey Books 399頁
  11. ^ ただし、竜が背にバルログを乗せるという描写は、後の草稿や出版されたシルマリルの物語には見られない。
  12. ^ a b J.R.R. トールキン, クリストファー・トールキン, 『The Lost Road and Other Writings』, "第三部 「The Etymologies」, 第370項または第381項, 2014年12月10日閲覧
  13. ^ J.R.R.トールキン, クリストファー・トールキン, 『失われし物語』, 第18項, 「 The Cottage of Lost Play」, 2014年12月6日閲覧