モルゴス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
冥王モルゴス

モルゴス(Morgoth)は、J・R・R・トールキン中つ国を舞台とした小説、『シルマリルの物語』の登場人物。

概要[編集]

エル・イルーヴァタールによって作られたヴァラールの一人で、神々の王マンウェとは兄弟の関係にあった。彼の本来の名前はメルコール(Melkor)であった。メルコールはヴァラール、引いては全アイヌアの中でも最大の力を持つ存在であり、力と知識において最も優れた資質を与えられていた上、他のヴァラールの資質をも幾らかずつ併せ持っていた。だがこの力を悪しき方向に使い、マンウェの王国(アルダ)を力で奪い取る事に費やし、アルダに回復不能な傷を負わせた。この反逆を持ってメルコールという名は奪い去られ、彼は最早ヴァラールの一員としては数えられない。

マイアールの中には彼の力に畏怖し、仕える者も現れた。彼はアルダの内と云わず外と云わず多くのマイアールを堕落させた。その中でも強大なものがサウロンであり、それよりも劣っているものがバルログたちであった[1]

彼は『シルマリルの物語』における邪悪な者たちの首魁であり、尚且つ『ホビットの冒険』や、『指輪物語』にまでおけるアルダの諸悪の根源でもある。

名前[編集]

彼の本来の名前であるメルコールは、クウェンヤで「力にて立つ者」(He Who Arises In Might)の意である。このメルコールをシンダリンで表したものがベレグーア(Belegûr)になるが、シンダール・エルフ達にとって初めて会った時から敵であった彼に、この名前が用いられることは一度もなかった。故に彼らはベレグーアを捩ってベレグアス(Belegurth)と呼んだ。これは「大いなる死」(Great Death)を意味する。メルコールの名を奪い取られた後、モルゴスと呼ばれるようになったが、これはシンダリンで「黒き敵」(Black Foe)もしくは「暗黒の敵」(Dark Enemy)を意味する。この他にシンダリンで「圧制者」(the Constrainer)の意味を持つバウグリア(Bauglir)の名で呼ばれることもある。

なおモルゴスと名付けたフェアノールがシンダリンを知っている筈がないので(彼はシンダール・エルフと交流がない)、本来はクウェンヤで「黒き敵」と呼んだ筈である。原作者のトールキンは、モルゴスのクウェンヤ形について幾つかの案を出しており、モリンゴット(Moringotto, Moriñgotho)[2]、またはモリコット(Morikotto)になるだろうと記している[3]。しかし明確にどれが正解かは述べていない。 

肩書[編集]

彼の最も代表的な肩書(タイトル)は「冥王」である。「冥王」(Dark Lord)という単語が世に初めて用いられたのは『指輪物語』のサウロンだったが、本来はモルゴスこそが初代の「冥王」に当たる。彼はアイヌアとしては極寒と灼熱を生じさせた者だったが、彼が悪事を成すにあたって最もよく用いたのが暗黒であった。本来は暗闇は生者にとって恐れる必要のないものであったが、彼はこの暗闇を全ての生ある者にとって甚だしい恐怖に満ちたものへと変えてしまった。故に彼は「冥王」と呼ばれるようになったのである。この他にエルフ達からは「大敵」(Great Enemy)や「暗黒の王」(Lord of the Darkness)などと呼ばれた。

彼自身が称したものとしては「世界の王」(King of the World)や、人間の英雄フーリンに対して名乗った「アルダの運命の主」(Master of the fates of Arda)、「長上王」(Elder King)がある。しかし「長上王」はマンウェの肩書であり、モルゴスの詐称に過ぎない。

『シルマリルの物語』には出てこないが、『中つ国の歴史』シリーズにのみ登場するものとしては、「北方の暗黒の力」(the Dark Power of the North)、「地獄の王」(Lord of Hell)、「虚言の王」(Lord of Lies)、「災禍の王」(Lord of Woe)、「地獄の民の君主」(Prince of the People of Hell)などがある。

能力[編集]

彼の力は全アイヌア中、最強と言ってよいものであった。原作者のトールキンは、メルコールの元来の性質はより遥かに強大なものとして造られたと、後の"フィンロドとアンドレス"の草稿にて書いている。彼はエル・イルーヴァタールを除けば最大の力を持つ者であり、他のヴァラールが皆一丸となって挑んでも、彼を制御することも縛鎖につける事も不可能であった[4]。全盛期のメルコールはただ睨みつけるだけで、マンウェの気力を挫くことすら可能だったという[5]。その目の光たるや熱を持って萎らせ、死の如き冷たさで刺し貫く炎のようであった。

彼のその絶大な力は、原初のアルダの形成期の時に最も発揮された。彼は自身の欲望や目的に沿うように捻じ曲げようとし、各所で盛んに火を燃やしたのである。そして若いアルダが炎で満ちると、そこを我が物にしようとした彼は、他のヴァラールがアルダを形造ろうとするのを妨害し始めた。彼らが陸地を造り上げると、メルコールが破壊し、彼らが谷を穿つとメルコールが埋め戻してしまった。山々を積み刻み上げると、メルコールがこれを崩した。海を作るため深く掘ったなら、メルコールが海水を周囲に溢れさせてしまった。かくの如くヴァラールが仕事を始めても必ず、それを元に戻すか損ねてしまったのである。このためアルダは当初ヴァラールが思い描いていたものとは異なるものに仕上がってしまった。これらの混乱が統御されるのは大分後の事となる。

しかしここで重要な事がある。彼の力は確かに膨大なものではあったが、エルとは異なり所詮は有限のものに過ぎないという点である。彼は無分別に力を空しく浪費したり、配下に力を分け与えたり、邪悪な生き物を創ることなどによって、少しずつその力を減じていったのである。この事の詳細はメルコールの弱体化を参照されたい。

彼はその強大な力を用いて2つの山脈を隆起させた。中つ国の極北に造られた鉄山脈(エレド・エングリン)と、中つ国の南東部に造られた霧ふり山脈(ヒサイグリア)である。前者は彼の最初の大規模地下要塞であるウトゥムノの防壁として築かれ、後者は狩人神オロメが中つ国内部に分け入るのを妨げるために築かれた。また後者は、『ホビットの冒険』及び『指輪物語』にも登場し、トーリン達やフロド達一行が山脈越えを敢行しようとしたことや、ドワーフがモリアの王国をそこに築いたことでも知られる。またアマンから帰還した直後に鉄山脈の南側に、第二の大規模地下要塞として造り直されるアングバンドを掘った時に出た大量の土砂と礫、それと地下溶鉱炉から出た大量の灰や鉱滓を積み上げた、サンゴロドリムの塔と呼ばれる連峰を造ることになる。彼の副官であったサウロンが精々山を破壊できる程度の力であるのと比べれば、最強のアイヌアである彼の力が如何程のものであったかがこの事からもわかるだろう。

彼は、山々の頂から山々の下なる深い溶鉱炉に至るまで、冷気と火を支配していた。そして彼が座している所には暗黒と影が周囲を取り巻いており、その暗闇は優れた眼を持つマンウェとその召使たちでさえも見通すことは出来なかったという。またイルーヴァタールから人間が贈り物として賜った"死"に、影を投げかけて暗黒の恐怖と混同させ、"死"を忌避すべきものとしてしまったのも彼の仕業であった。

メルコールは他のヴァラールの中でもアウレと最も似ていた。才能や考えること、新しい物を作り出す事でその技を賞賛される事を共に喜んだ。しかしアウレがエル・イルーヴァタールに忠実であり、他者を妬むことはなく、自らの制作物に執着する事がなかったのに対し、メルコールはアウレを妬み、羨望と所有欲に身を焼くようになっていった。結果彼は他者の作品を破壊するか、模造するか、醜く作り変えるかの何れかしかできなくなってしまった。そのメルコールが創りだしたのが、邪悪なオークトロルのような怪物たちである。エルフの古賢やエント達に言わせると、オークは捕らえたエルフを醜く捻じ曲げ変質させたものであり、トロルはエントの模造物であるという。しかしこれは彼らの間での通説であり、実際の所オークやトロルの成り立ちは不明なところが多い。ただ、モルゴスが深く関わっていることだけは確かである。

メルコールの弱体化[編集]

トールキンはこのメルコールの弱体化というアイディアについて、二つのパターンを考えていた。その内の一つが出版された『シルマリルの物語』にもあるように、アルダを侵食するために、数多い下僕に悪意と力を注ぎ込んで繰り出すうちに、本来は並ぶ者のなかったメルコール自身の力は少しずつ損なわれ、弱まっていった、というものである。この結果諸力の戦い(諸神の戦い)でウトゥムノを攻略したマンウェは、要塞の最深部でメルコールと相見えたが、二人とも大いに驚愕したという。マンウェはメルコールの眼光で最早怯むことがなかったため、メルコール個人の力が衰えたことに気付いたためであり、逆にメルコールはそんなマンウェを見て、自身の力がマンウェよりも弱体化したことを見て取ったためであった[6]。そして彼はトゥルカスと組み打ち、投げ飛ばされ敗北を喫するのである。

もう一つの案は、メルコールがアルダそのものを支配するために、自己とアルダを同一化しようと試みた、というものである。これはサウロンと一つの指輪との関係に似ている。だがそれよりも遥かに広大で尚且つ危険な方法であった。つまりアルダ全てが(祝福された地アマンを除いて)メルコールの"要素"を含むこととなり、穢れてしまったからである。このためアマン以外の地で生まれ育つものは、大なり小なりメルコールの影響を受けてしまう事になった。しかしこの事と引き換えに、モルゴスは彼が持っていた膨大な力の殆どを失ってしまった。故に中つ国全てがいわば「モルゴスの指輪」となったのである。ただサウロンとモルゴスの指輪の違いは、サウロンの力は小さいが集約されているため指に嵌めることができ、彼は昔日にも増してその力を発揮できるが、モルゴスのそれは彼の膨大な力が中つ国遍くに散逸してしまっており、彼の直接的なコントロール下にはないという点である。そしてその膨大な力を差し引いて残った余り物―それが即ちモルゴス他ならないということは、彼の肉体に宿る霊が酷く萎びて零落してしまった事を意味した。しかしこのためにモルゴスを完全に滅ぼそうとするならば、アルダそのものを完全に分解しなければならないというジレンマが生じてしまった[7]。またモルゴスはこの結果、永遠に"受肉"してしまい、アイヌアなら誰でもできる、肉体を棄てて不可視の姿に戻ることさえできなくなったのである。

弱体化および受肉し、堕落してアイヌアとしての力を殆ど失ったモルゴスに残されたのは、巨人の如き体躯(ogre-size)と怪力(monstrous power)[8]と幾許かの魔力、あと元ヴァラとしての威光は久しく痕を留めたため、彼の面前では殆どの者が恐怖に落ち込むこととなった。とは言え、彼は受肉したことにより、自身が戦いに巻き込まれるのを可能な限り避けるようになり、専ら下僕たちやカラクリを用いるようになっていった。宝玉戦争において、彼が自ら戦場に現れて武器を振るったのはただの1度だけである。

実の所、メルコールの持っていたオリジナルの力が減じてゆき、弱体化してゆくというアイディアは、後期クウェンタ・シルマリルリオン(LATER QUENTA SILMARILLION、LQ)の『アマン年代記』にて初めて見られるもので[9]、初期クウェンタ・シルマリルリオン(EARLY QUENTA SILMARILLION、EQ)には見られないものであった。EQは中つ国の歴史』シリーズの5巻に当たり、LQは10巻から11巻に当たるが、LQで物語として改変・執筆されたのはトゥーリン・トゥランバールの死辺りまでで、それ以降の部分(ゴンドリンの陥落や怒りの戦いなど)はEQを用いざるを得なかったため、これは特別厄介な問題を引き起こした。即ち古い時代に書かれたEQと、より発展した構想のもとに書かれたLQの間では看過しがたい不調和が生じたということで、これはクリストファー氏も認めている[10]。この不調和には様々な設定の差異などがあるが、その一つとして『シルマリルの物語』の終盤部分は、メルコールの弱体化というアイディアが無い時代に書かれたものだということに留意する必要がある。

来歴[編集]

世界の創造前[編集]

世界が始まる前、最も力あるアイヌアとして誕生したメルコールは、不滅の炎を求めてしばしば独り虚空に入った。彼には、エル・イルーヴァタールが虚空のことを全く顧みないように思われたため、それに不満を抱き、彼を創造した者を見倣って、意志ある者達を創りだし虚空を満たしたいと考えるようになった。だがそれには神秘の火、不滅の炎が必要だったのであるが、彼はそれを見出すことは出来なかった。何故ならばその火はイルーヴァタールと共にあったからである。しかしこの単独行動が過ぎるあまり、彼は次第に同胞たちと異なる独自の考えを抱くようになっていった。

世界の創造[編集]

そして世界創造の歌、無数のアイヌアの聖歌隊による音楽、即ちアイヌリンダレが歌われた際、主題が進むに連れ、メルコールは心中に彼独自の、イルーヴァタールの主題にそぐわぬことを織り込もうという考えを起こした。メルコールは自分に割り当てられた声部の力と栄光を、さらに偉大なものにしたいという欲望が湧き起こったのである。そして世界創造前に抱いた考えの一部を彼の音楽に織り込んだのであった。すると彼の周囲には不協和音が生じ、他のアイヌアの旋律を乱し、中にはメルコールの音楽に調子を合わせるアイヌアも出始めた。こうして彼の不協和音はイルーヴァタールの主題とぶつかることとなった。するとイルーヴァタールは第二の主題を提示し新たな音楽が始まったが、またもメルコールの不協和音がこれと競い合い、最後には勝ちを制した。しかしイルーヴァタールが提示した第三の主題は全く相容れない二つの音楽が同時進行するような仕儀となり、最後にはイルーヴァタールの主題がメルコールと同調者達の不協和音さえも取り込んで一つの音楽として完成するようになっていた。そしてこの時イルーヴァタールはメルコールを叱責したが、彼は恥じ入ったものの考えを改めることなく、むしろ密かに心に怒りを懐いた。 イルーヴァタールがアイヌアの音楽の産物であるエア(Eä、アルダを含む世界全てを指す)を幻視させると、アイヌアの内最も力ある者の多くがアルダに心を奪われたが、その最たるものがメルコールであった。最も彼はアルダに赴いてイルーヴァタールの子らのために準備を整えるよりも、実の所アルダの支配者となりたかったのであるが。そして歌の主題が実在となって地球即ちアルダが誕生すると、彼が生じさせた極寒と灼熱を統御するという口実を己自身に信じこませて、アルダに降った多くのアイヌアの一人となった。そしてヴァラールがアルダを仕上げるのは自分たちの仕事であると気づき、その大事業にとりかかった時、メルコールはアルダを我が物にしようとし、他のヴァラにそう宣言した。兄弟であるマンウェに窘められて一旦は退いたものの、ヴァラールが目に見える諸力として肉体を纏い、美しく地上を歩く姿を見て嫉妬に燃え、自らも肉体を纏うと同胞たちに戦いを挑んだ。しばらくはメルコールが優勢だったが、トゥルカスが参戦するとアルダからの逃走を余儀なくされた。

灯火の時代[編集]

ヴァラールが中つ国にアルマレンの国を築き、「アルダの春」と呼ばれる平和な時代を謳歌しているさなか、メルコールはひそかに要塞ウトゥムノを北方に建造していた。ヴァラールはかれの帰還を察知したが、準備を整える前に奇襲を受け、アルマレンを照らしていた二つの巨大な灯火を破壊されてしまった。このときアルダがこうむった被害は甚大で、ヴァラールが最初に構想した世界は決して実現しなくなってしまった。

復讐を終えたメルコールはウトゥムノにこもり、災害の鎮圧で手一杯のヴァラールにはかれを追撃する余裕はなかった。やむなくヴァラールは中つ国を去り、西方大陸アマンに移り住んだ。邪魔者の居なくなったメルコールは第二の要塞アングバンドを建造して、さらに勢力の拡大を図った。

二本の木の時代[編集]

ヴァラールが新たにアマンに築いたヴァリノールの国は二つの木によって美しく照らされたが、その光は中つ国にまでは届かず、時おりヤヴァンナやオロメが訪れる以外にメルコールの支配を脅かすものは何もなかった。だがやがてヴァルダが新しい星々を天に輝かせ、エルフを目覚めさせた。早速メルコールはかれらを惑わそうとし、一部のものを捕らえてオークへとねじ曲げてしまった。オロメの報告を受けたヴァラールは、エルフ救出のために出陣してウトゥムノを攻略した。激しい戦いの末、メルコールはトゥルカスに組み伏せられ、アウレの鎖アンガイノールによって縛り上げられた。

ヴァリノールに連行されたメルコールはマンドスの砦に投獄され、三期のあいだ幽閉された。その後再びヴァラールの前に引き出されたかれは、へりくだって改心したふりをして見せた。そして実際に人々を助けて回ることで周囲を油断させつつ、ノルドール族に目をつけてかれらの間に不和の種をばら撒いていった。メルコールが何より欲したのは、フェアノールが作り出した宝玉シルマリルである。ノルドールの叛意を焚きつけるまではかれの目論見どおりになったが、フェアノールに悪意を見抜かれたメルコールは、いったんはアマンから行方をくらませた。

首尾よく追っ手をまいたメルコールは、大蜘蛛ウンゴリアントをつれてアマンを急襲した。ウンゴリアントの放つ闇でヴァリノールの国は大混乱に陥り、二つの木は枯れ果ててしまった。その隙にメルコールはフェアノールの父フィンウェを殺害してシルマリルを奪い、氷の海峡ヘルカラクセを渡って中つ国へ逃亡した。しかし力を与えすぎたウンゴリアントを制御できず、宝玉はおろか自分自身さえ喰われそうになり、大地を揺るがす絶叫を上げた。アングバンドから駆けつけたバルログがウンゴリアントを追い払い、一命を取り留めたメルコールはシルマリルを鉄の王冠にはめ込むと、世界の王を称して中つ国に君臨した。これより彼は、モルゴス、黒き敵などと呼ばれるようになる。

第一紀[編集]

中つ国北西部ベレリアンドをめぐって、モルゴスは何度もエルフたちに戦いを仕掛けた。まず、アマンには渡らなかったシンダール族を襲い、撃退はされたものの大きな損害を与えた。次にノルドールがかれを追って中つ国までやってきたのを知ると、ただちに軍勢を差し向けた。これが「星々の下の合戦」ダゴール・ヌイン・ギリアスである。このときのオーク勢はほぼ全滅したが、深追いしてきたフェアノールがバルログの首領ゴスモグに討ち取られたことでモルゴスは喜んだ。 その一方で、モルゴスは銀の木の最後の花であるを手に入れようと影の精を出撃させるが、此方は月の守護の任に就いていたオロメ配下のマイアール・ティリオンによって返り討ちにあって完全な失敗に終わっている。

アングバンドの包囲[編集]

やがてノルドールがベレリアンドの各地に国を築くに至って、モルゴスはまたも攻撃を仕掛けた。しかしオーク兵は1人残らず滅ぼされ、以後アングバンドは400年にわたって包囲された。この間、フィンゴルフィンへの奇襲が失敗したり、新しい怪物「」のグラウルングが未成熟のまま這い出して撃退されたりと、モルゴスの計画は思うように進まなかった。かれはシンダールや新たに目覚めた人間に悪意ある噂を流しつつ、時節を待って力を蓄えた。

ダゴール・ブラゴルラハ[編集]

そして、ついに包囲を破ったモルゴスは「俄かに焔流るる合戦」ダゴール・ブラゴルラハを仕掛け、ノルドールとかれらに味方する人間を散々に打ちのめした。だが怒りに燃えるフィンゴルフィンがアングバンドの門前に現れて一騎討ちを申し込んだため、配下の手前モルゴス自身も姿を現さざるを得なくなった。かれは黒い鎧をまとい、鉄槌グロンドと黒い盾を構えて決闘に臨んだ。フィンゴルフィンはモルゴスに7度斬りつけ、ついに力尽きて地面にたおれはしたが、最期の力で敵の左足に深手を負わせた。モルゴスはエルフ王の亡骸を狼に与えようとしたが、の王ソロンドールが飛来して顔を鉤爪で引っかき、フィンゴルフィンの遺体を運び去った。戦争におけるモルゴスの勝利は大きかったが、かれ自身が負った傷はこの後も癒えることはなかった。

シルマリルの奪還[編集]

モルゴスはなおもエルフや人間の諸国に攻勢をかけるのをやめなかった。その一方で守りをかためることも欠かさず、アングバンドには最強の魔狼カルハロスを控えさせていた。ところがかれの思っても見なかったことに、エルフの姫君ルーシエンと人間の勇士ベレンが玉座にまで侵入してきた。モルゴスはルーシエンの美しさに眼を奪われているうち、かの女の歌声の心地よさに眠り込んでしまい、ベレンによって冠からシルマリルの1つを奪い返されてしまった。目覚めたモルゴスはカルハロスを追っ手に差し向けたが、狼が戻ってくることはなかった。

ニアナイス・アルノイディアド[編集]

モルゴスといえど無敵ではないことを聞き知ったマイズロスは勢いづき、一大連合を形成してアングバンドを攻めた。モルゴス軍は一時追い詰められたが後に盛り返し、東夷の裏切りによって勝利を決定的なものにした。この戦いを称して「涙尽きざる合戦」ニアナイス・アルノイディアドという。ほとんど何もかもがモルゴスの意図したとおりに運んだが、かれがアマンにいたときから警戒していたトゥアゴンを捕らえることだけはできなかった。そこでモルゴスは、トゥアゴンと親しい人間の戦士フーリンを捕縛して28年の間拘禁し、その後慈悲を装って解放した。トゥアゴンに呼びかけるフーリンの行動によって隠れ王国ゴンドリンの所在をつかんだモルゴスは、ついにこの残り少ないエルフの拠点を陥落させた。しかしこのとき、トゥアゴン王の孫に当たるエアレンディルは無事に落ち延びていたのである。

怒りの戦い[編集]

成長したエアレンディルとその妻エルウィングは、大海を渡ってアマンにたどり着き、ヴァラールに中つ国の窮状を訴えて救いを求めた。こうしてヴァリノールからかつてない規模の軍勢が出撃し、西方からの干渉はもはやないと高をくくっていたモルゴスに決戦を挑んだ。モルゴスは全兵力で迎え撃ち、最終兵器の空飛ぶ竜まで投入したがついに破れた。再びアンガイノールの鎖で縛られたかれは、夜の扉の向こうの虚空に放逐され、エアレンディルによって見張りを受け続けることになった。

こうしてモルゴスはもはやアルダに手を出すことはできなくなったが、かれがエルフや人間の心に撒いた悪の種は決して消えることはなかった。

やがて起こるアルダ最後の戦い、ダゴール・ダゴラスにおいて虚空より帰還し、ヴァラールらとの戦いでマンドスの館から戻ったトゥーリンに心臓を貫かれ滅びるといわれている。

脚注[編集]

  1. ^ J.R.R. Tolkien, Christopher Tolkien 『The History of Middle Earth, vol.10 Morgoth's Ring』1993年 Harper Collins, 410頁
  2. ^ J.R.R. Tolkien, Christopher Tolkien 『The History of Middle Earth, vol.10 Morgoth's Ring』1993年 Harper Collins, 194および294頁
  3. ^ J.R.R. Tolkien, Patrick H. Wynne 『Vinyar Tengwar, Number 49』 2007年 Elvish Linguistic Fellowship 24-25頁
  4. ^ J.R.R. Tolkien, Christopher Tolkien 『The History of Middle Earth, vol.10 Morgoth's Ring』1993年 Harper Collins, 390頁
  5. ^ J.R.R. Tolkien, Christopher Tolkien 『The History of Middle Earth, vol.10 Morgoth's Ring』1993年 Harper Collins, 391頁
  6. ^ J.R.R. Tolkien, Christopher Tolkien 『The History of Middle Earth, vol.10 Morgoth's Ring』1993年 Harper Collins, 391頁
  7. ^ J.R.R. Tolkien, Christopher Tolkien 『The History of Middle Earth, vol.10 Morgoth's Ring』1993年 Harper Collins, 398から403頁
  8. ^ J.R.R. Tolkien, Christopher Tolkien 『The History of Middle Earth, vol.10 Morgoth's Ring』1993年 Harper Collins, 403頁
  9. ^ J.R.R. Tolkien, Christopher Tolkien 『The History of Middle Earth, vol.10 Morgoth's Ring』1993年 Harper Collins, 393頁
  10. ^ J.R.R.トールキン 『新版 シルマリルの物語』 評論社 2003年 8頁