アングバンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アングバンド(Angband)はJ・R・R・トールキンの小説『指輪物語』と『シルマリルの物語』に登場するモルゴスの要塞の名前である。アングバンドとはシンダール語で鉄の牢獄の意(ang 鉄、band 牢獄)。

アングバンドは二本の木の時代に築かれ、ベレリアンドの北方、鉄(くろがね)山脈に位置している。モルゴスはヴァラールの攻撃の可能性に備えてこの要塞を築き、サウロンをその任に置いた。にもかかわらずヴァラールの攻撃は成功し、モルゴス(当時はメルコールと呼ばれた)は捕らえられ、かれのもう一つの要塞ウトゥムノは破壊された。三期の幽囚の後、モルゴスは中つ国に帰還し、アングバンドに居を構えた。かれは第一紀の終わりまでアングバンドに君臨したが、アングバンドは怒りの戦いで破壊された。

関連項目[編集]