ナルゴスロンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ナルゴスロンド(Nargothrond)とは、J・R・R・トールキンの創作した架空の世界「中つ国」に登場する架空の都市である。

第一紀のはじめ(100年頃)、東ベレリアンドナログ川のほとりに建造された。城砦と都を兼ねた広大な地下都市。フィンロドウルモの忠告を受け、ドリアスメネグロス(千洞宮)を模してつくった。このことによってかれはドワーフたちから「フェラグンド」(フェラク=グンドゥ、洞窟を切り拓くものの意)と呼ばれた。ナルゴスロンドは長い間モルゴスやその召使いの目から隠されていたが、496年、トゥムハラドの戦いでついに竜グラウルングによって滅ぼされた。