空知神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
空知神社
Sorachi.jpg
所在地 北海道美唄市西2条南1-1-1
位置 北緯43度19分58.22秒
東経141度51分25.52秒
主祭神 天照大神
大穴牟遅神
少彦名神
大山祇神
埴安姫神
宇迦之御魂神
社格 県社
創建 明治24年(1891年
本殿の様式 神明造
例祭 9月11日
テンプレートを表示

空知神社(そらちじんじゃ)は、北海道美唄市のほぼ中心に鎮座する、神社本庁包括下(北海道神社庁空知支部管内)の神社で、旧社格は県社。

沿革[編集]

1891年明治24年)、この年、屯田兵の砲兵隊が配置され、騎兵・工兵の特科隊移住による開村と同時に神社が創祀された。

1894年(明治27年)10月、屯田騎兵隊160戸と市街地有志が神社を造営。

1901年(明治34年)9月16日、無格社に列格、社名を美唄神社から空知神社に改称。

1903年(明治36年)、新社殿落成、屯田騎兵隊本部に隣接する現在地に移転。

1911年(明治44年)12月28日、村社に列格。

1925年大正14年)2月16日、新社殿落成、郷社に列格。

1933年昭和8年)8月12日、県社に列格。

2009年平成21年)4月、第16代宮司が就任(北海道神社庁参事が兼務)。これをきっかけに諸事情から衰退状況にあった神社を再興、活性化すべく、同年8月に氏子会が新たに結成され、9月11日、途絶えていた神輿渡御が8年ぶりに復活。

2011年(平成23年)8月、第16代宮司は兼務という実状のため、土日のみの常駐だったこともあり、正式に第17代宮司が就任。

祭神[編集]

祭事・年間行事[編集]

文化財[編集]

  • 神輿 - ケヤキ製、浅草で製作、1961年(昭和36年)に奉納
  • 水松 - 推定樹齢900年、美唄市指定

崇敬団体[編集]

交通[編集]

外部リンク[編集]

  • 空知神社 - 北海道神社庁サイトでの紹介。空知神社総代が開設しているブログのリンクも貼られている(Wiki内では2013年時点、空知神社のブログはブロック対象とされており、リンクが貼れない状態)。
  • 西野神社神職のみこしブログ - 札幌市西区西野神社・神職によるブログ。平成21年例祭での8年ぶりの神輿渡御の様子が掲載されている。