穂積秀一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
穂積 秀一
基本情報
階級 フライ級
身長 168cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1959-12-08) 1959年12月8日
出身地 群馬県邑楽郡
死没日 (2017-01-11) 2017年1月11日(57歳没)
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 34
勝ち 29
KO勝ち 8
敗け 5
テンプレートを表示

穂積 秀一(ほずみ しゅういち、1959年12月8日 - 2017年1月11日)は、日本プロボクサー群馬県邑楽郡出身。帝拳ボクシングジム所属、駒込高等学校卒業。

168cmの長身・リーチを生かしたアウトボクシングライトフライ級フライ級で日本タイトル2階級制覇(フライ級史上最多6度防衛)、WBA世界フライ級王座に2度挑戦。

担任トレーナーは当初は小林弘、途中から桑田勇。現役時代はKKベストセラーズに勤務していた。

来歴[編集]

東邦ジム練習生としてアマチュアボクシングを経験(通算16戦8勝8敗)。

1977年11月30日、高校3年でプロデビュー。

1980年8月29日、日本ライトフライ級王者友利正に挑戦し、2-0の判定勝ちで王座を獲得した。その後、王座を返上した。

1980年11月23日、OPBF東洋太平洋フライ級王者楊弘洙に挑戦し、9回KO負けで王座獲得ならず。

1981年10月5日、日本フライ級王者玉城和昌に挑戦し、0-3の判定負けで王座獲得ならず。

1982年11月15日、日本フライ級王者船木一良に挑戦し、3-0の判定勝ちで日本2階級制覇に成功した。1983年2月4日、初防衛戦で船木と再戦し、判定勝ちで王座防衛に成功した。

1983年5月5日、23戦目で世界王座初挑戦。静岡県静岡市の静岡県産業展示場特設リングにてWBA世界フライ級王者サントス・ラシアルに挑戦し、2回KO負けで世界王座獲得ならず。

その後、石井幸喜風来ゆうと打越芳幸竹下鉄美榊原隆史を相手に日本フライ級王座の防衛に成功(通算6度)し、2度目の世界王座挑戦前に日本王座を返上した。

1986年4月7日、山梨県韮崎市の韮崎市総合運動公園体育館にてWBA世界フライ級王者イラリオ・サパタに挑戦し、0-3の判定負け。2度目の世界王座挑戦も失敗した。

1987年1月24日、韓国ソウル市での試合を最後に引退した。

2017年1月11日、癌のために死去[1]。57歳没。

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ボクシング・ビート』(フィットネススポーツ社)2017年3月号91頁参照

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
友利正
第3代日本ライトフライ級王者

1980年8月29日 - 1980年9月(返上)

空位
次タイトル獲得者
伊波政春
前王者
船木一義
第31代日本フライ級王者

1982年11月15日 - 1985年12月(返上)

空位
次タイトル獲得者
西川浩二