稲田雅洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

稲田雅洋(いなだ まさひろ、1943年9月16日- )は、日本近代史学者、東京外国語大学名誉教授。

栃木県芳賀郡茂木町生まれ。一橋大学卒、1972年一橋大学大学院社会学研究科博士課程満期退学。指導教官は佐々木潤之介[1]。92年「日本近代社会成立期の民衆運動 困民党研究序説」で社会学博士。72年一橋大学助手、1975年愛知教育大学助教授、87年教授、1994年東京外国語大学教授[2]、2007年定年退官、名誉教授[3]

自由民権運動を中心に研究した。

著書[編集]

共著

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「昭和43年度学位授与・単位修得論文」一橋研究
  2. ^ 『現代日本人名録』2002年
  3. ^ researchmap