種山ヶ原

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
種山(物見山)
種山ヶ原
標高 870.6 m
所在地 岩手県奥州市住田町遠野市
位置 北緯39度12分4秒
東経141度24分6秒
山系 北上山地
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示
種山ヶ原

種山ヶ原(たねやまがはら)は、岩手県奥州市気仙郡住田町遠野市にまたがる物見山(種山)を頂点とした標高600-870メートルに位置した高原地帯である。北上高地の南西部の東西11キロメートル、南北20キロメートルに及ぶ平原状の山で、物見山・大森山・立石などを総称して別名「種山高原」とも呼ばれている。宮沢賢治ゆかりの景勝地「イーハトーブの風景地 」の一つとして国の名勝に指定されている。

宮沢賢治がこよなく愛した高原として知られる。賢治は種山ヶ原の風景や気象を題材に、童話『風の又三郎』や戯曲『種山ヶ原の夜』、そして多くの詩・短歌を残した。

周辺情報[編集]

  • 種山ヶ原森林公園
  • モナドノックス(残丘)
  • 遊林ランド種山(入浴施設、レストラン、売店、住田町)
  • 種山高原星座の森(入浴施設、レストラン、売店、奥州市江刺)
  • 種山ヶ原イベント広場
  • 種山高原キャンプ場
  • 道の駅種山ヶ原
  • 奥州市越路スキー場
  • 物見山雨量レーダー基地

交通アクセス[編集]

種山ヶ原へのアクセスだが、定期的な公共交通機関がほぼ皆無[1]のため、車(レンタカータクシーなど)の利用が望ましい。

脚注[編集]

  1. ^ かつては岩手県交通バスの水沢大船渡線が運行されていたが2006年3月限りで廃止された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]